七夕の願い事とは

七夕の笹飾りに付ける短冊には、お願いごとを書きます。
けれど、なぜ短冊にお願いごとを書くのか、その由来を知っている人は少ないのではないでしょうか。

七夕の行事や短冊に書くお願いごとについて、詳しくお伝えします。

七夕は何をする行事?

七夕といえば、笹を飾ってお願い事をする日として知られています。
地域によっては盛大な七夕祭りが開催されますが、本来はどのような日なのでしょうか。

七夕は何をする行事?

七夕は豊作を祈る行事だった

7月7日は七夕の日。
織姫と彦星が天の川を渡って1年に1度だけ会える日です。
そして、五節句(日本の四季に関連した節句、桃の節句や端午の節句など)の1つでもあります。

古代日本では、七夕は棚機(たなばた)という穢れ(けがれ)を清める行事として、稲の開花時期に行われていました。
棚機では水辺の小屋にこもった女性が織物を織って神様にお供えしました。
この行事には、豊作を祈り、村の人々の穢れを清めるという意味があったそうです。

日本に仏教が伝わると、棚機はお盆を迎える行事に変わり、旧暦の7月7日に行われるようになりました。

七夕は中国からやってきた?中国の七夕

中国では、七夕は2000年も昔から続く伝統的な行事。
7月7日は作曲したり本や衣類を虫干ししたりしていたそうです。
そこに古くから伝わる織姫と彦星の伝説が重なり、女性が手芸や針仕事の上達を祈る日になりました。
中国では、織姫・彦星伝説にあやかって、七夕はバレンタインデーのように愛を求める日となっています。
現在はたくさんのカップルが7月7日に婚姻届けを出すのだそうです。

七夕で願い事を書くのはなぜ?

七夕では短冊に願い事を書きます。
桃の節句や端午の節句では願い事を書かないのに、なぜ七夕だけ願い事を書くのだろうと不思議に思いませんか。

七夕で願い事を書くのはなぜ?

笹は神様のよりしろ

七夕では笹を飾ります。笹には神様が宿る(よりしろ)と考えられており、七夕の笹飾りは、願いを込めた飾りを飾って天に捧げるという意味があります。
また、笹の葉には抗菌作用があります。
昔はご先祖様に食べ物をお供えする際、食べ物が悪くならないように、笹の葉の上に食べ物を置きました。
そして七夕の日に笹の葉ごと川に流していたのです。
このとき、願い事や穢れも流れると考えられていました。
こういった風習から、七夕に笹が飾られるようになったようです。

七夕で祈るのはこんな願い事

七夕は本来、女性が織姫にあやかって手芸や裁縫の上達を祈ったり、手先が器用になることを願ったりする行事でした。
しかし現在では針仕事や手先の器用さに関わらず、あらゆる願い事をする日になっています。
ところが、願い事を書く短冊について深く掘り下げると、七夕の願い事は「学業」や「人間関係」「自分自身の成長」など、5種類に分けられるようです。
詳しく見ていきましょう。

五色の短冊にも意味がある

七夕に歌われる「七夕様」の歌の歌詞に「五色(ごしき)の短冊」という言葉があります。
この五色とは、本来、中国の陰陽五行に基づく青(緑)、赤、黄、白、黒の5色を指しています。
ただし、黒は縁起が良くないという考え方から、代わりに紫が使われています。

この5色にはそれぞれ意味があります。

青(緑)
成長に関する願い事は青(緑)の短冊に書きます。特に、人間として成長できることを書くのが良いとされています。
赤い短冊にはご先祖様や両親への感謝の気持ちを書きます。
「友達がたくさんできますように」「良い出会いがありますように」など、人間関係のお願い事は黄色の短冊に書きます。
白の短冊にはルールに関する願い事を書きます。「遅刻しませんように」や「毎日5分筋トレをする」など、達成したいことを書きましょう。
黒(紫)
学業に関するお願いは紫の短冊に。成績アップのほか、資格試験の合格を祈っても良いですね。

七夕を祝う方法あれこれ

七夕の食事や笹飾り一つひとつにも意味があります。

七夕を祝う方法あれこれ

七夕の食事

七夕の食事といえばそうめんです。
現在では、「そうめんを食べるのは、天の川に見立てているから」と言われていますが、もともとはかりんとうのような甘い揚げ菓子が七夕の食事でした。
これが長い時間の経過とともにそうめんになったと言われています。
平安時代の書物には「七夕にそうめんを食べると大病にかからない」と記されており、平安時代にはすでにそうめんが食べられていたことがわかります。
また、そうめんは供え物としても捧げられていたようです。
七夕はちょうどお中元の時期でもあります。お中元にそうめんが選ばれることが多いのは、そういう歴史的な背景もあるのです。

七夕の笹飾り、それぞれの意味

七夕の笹には折り紙で作った飾りを付けます。その飾りにも全て意味があります。

吹き流し
織姫が織る糸を表す飾りです。魔除けの意味があります。
巾着
お財布を意味し、金運アップを願う飾りです。
魚を捕る網で、豊作祈願の意味があります。
折鶴
長寿を意味します。
紙の着物
裁縫の上達を祈る飾りです。
くずかご
ものを大切にするという意味があり、折り紙で作ったかごを飾ります。

七夕飾りは七夕の翌日に外して川に流すのが本来の習わしです。
現在は川が近くない、流してはいけないというところがほとんどですから、翌日に飾りを外してごみに出します。
お焚き上げをしているお寺や神社が近所にあれば、短冊だけ外して持参し、お焚き上げを頼んでも良いでしょう。

七夕の願い事は五色の短冊に書こう

今年は五色の短冊を用意して、それぞれの意味にあった願い事を書いてはいかがでしょうか。
短冊を飾った笹を見ながらそうめんを食べる七夕の夜、晴れて天の川が見えると良いですね。

 
LINEで送る
メールで送る
URLをコピペしてシェアもできます。