中秋の名月と聞くと「きれいな満月の日が中秋の名月に違いない」と思いがちですが、実は「中秋の名月」イコール「満月」とは限らないということを知っていますか。
そもそも中秋の名月とは何なのか、なぜ満月ではない場合があるのかを詳しくお伝えします。

中秋の名月とは、そもそも何?

月の海が見える満月

中秋の名月とはどういうもので、中秋の名月の日付はどのようにして決まるのでしょうか。

中秋の名月は日にちが決まっている

中秋の名月は日付が決まっていて、毎年旧暦の8月15日です。
旧暦の8月は今でいう9月~10月。
だいたい9月の半ばころから10月の初旬にかけてのどこかが中秋の名月になります。
9月・10月の満月が中秋の名月になるイメージがありますが、旧暦の8月15日が満月になるとは限らないため、満月ではない日が中秋の名月になる年もあるのです。

旧暦の日付ってどうやって決まるの?

旧暦では7月~9月を秋としており、その真ん中の月である8月を「中秋」と呼びました。
旧暦では太陽と月の動きから暦を作っており、毎月1日は新月になります。
そのため、15日が満月になることが多いのですが、月は29.5日を周期として満ち欠けを繰り返すため、満月が15日になる月とその前後になる月が存在するのです。

ちなみに2020年の中秋の名月は10月1日でしたが、満月はその前日でした。
2021年は9月21日で、こちらはちょうど満月になります。


中秋の名月はどんな風に過ごす?

稲穂

中秋の名月というと、お月見をして月見団子を食べて過ごす風景が思い浮かびます。
なぜ中秋の名月ではお団子を食べるのでしょうか。

中秋の名月にお月見をする理由

旧暦の8月はお米の収穫の時期でした。
無事にお米が収穫できたことを神様に感謝する行事が中秋の名月です。
日本では、月の神様・月読命(つくよみのみこと)を農業の神様として信仰していたことから、満月もしくはそれにちかい丸い月に、供物を捧げて感謝し、翌年の豊作を祈りました。
中秋の名月の行事は、その頃の風習が現代に残ったものとなります。

お月見のお団子は満月を見立てたもの

中秋の名月にお団子を供える習慣が一般的になったのは、江戸時代だとされています。
当時の人はお米が収穫できたことを感謝し、翌年もたくさんお米が実るようにと祈りを込め、月に見立ててお米の粉でお団子を作りました。
この時に作るお団子の大きさは一つ約10㎝だったそうなので、とても大きかったのです。
月見団子の伝統的な飾り方は、月が見える場所に台を置いて、15個のお団子をピラミッドのように盛り付けます。
地域によって、月見団子を楕円形にしたり芋に似せた形にすることもあったりするため、必ずしも丸とは限らないのが面白いところです。

お月見ではお団子だけでなくススキも飾られます。
ススキには悪霊や悪いものを払いのける力があると信じられており、悪いものを田んぼから遠ざけ、翌年の豊作を祈願する意味があります。

ちなみにお月見をした後に月見団子を食べるのですが、月見団子には「子宝に恵まれる」という意味もあるそう。
そのため、未婚の女性は食べてはいけないという地域も残っています。


「中秋の名月」は日本だけじゃない

薄雲に隠れた満月

中秋の名月は中国から伝わった

月を見て楽しむ文化は、平安時代に中国から伝わったとされています。
当時、お月見を楽しんでいたのは貴族たち。
その楽しみ方も今とは違い、水面に映る月を愛でたり、器に注いだ酒に映る月を愛でたりという楽しみ方をしていました。
間接的に月を眺めて思いをはせる様子は、まさに平安貴族のイメージそのままです。

それが変わったのが江戸時代。
江戸時代には庶民もお月見をするようになったのですが、今とは違い、十五夜と十三夜の両方の月でお月見をしました。
当初は、十五夜には里芋を供え、十三夜には枝豆を供えていましたが、江戸時代後期になると月見団子を供えるようになります。

ちなみに江戸時代のお月見では、十五夜だけ、十三夜だけといった、どちらかだけの月見を「片月見」と呼び、縁起が悪いと考えられていました。
また、十三夜のお月見は日本独自の文化だと言われています。
中国から伝わったお月見ですが、江戸時代には日本のオリジナルの文化に変化していたのですね。

中国では中秋節

日本にお月見の文化をもたらした中国には「中秋節」という祝日があります。
中秋節は、中国でもやはり中国の旧暦にあたる8月15日。
日本では秋の実りを感謝して翌年の豊作を祈る祭事ですが、中国の中秋節は家族団らんを祝う祭事です。

中秋節ではお月見をして小さな提灯をかざり、月餅を食べて祝います。
月餅には家族団らんの願いが込められており、この期間はあちこちで月餅が振舞われます。

中秋節は台湾でも祝日になっており、台北の街中では路上でバーベキューを楽しむファミリーの姿が見られます。
台湾の中秋節の由来は『嫦娥奔月』という神話だと言われています。
妻が夫の不老不死の薬を飲み、仙女になって月に登って行ったという内容で、他にもいくつかのバージョンがあるようです。

また、香港やマカオでは中秋節の翌日が祝日となっており、中華圏では多くの人が楽しみにしている行事となっています。


中秋の名月は満月ではないこともある

中秋の名月は旧暦の8月15日なので、満月のときと満月に近いときがあり、必ずしも満月になるとは限りません。
月に見立てたお団子を飾り、収穫を感謝して翌年の豊穣を祈願する行事だった中秋の名月。
皆さんも今年の中秋の名月では、お米の粉で作ったお団子を作り、お供えしてはいかがでしょうか。


紫音先生の満願成就のご祈祷

もし、願いが叶うとしたら、、、あなたはどのようなお願いをしますか?願いはイメージをした段階で実現に向けて動き出すといわれています。あなたの中に浮かんだ願いは十分にそれを実現させる可能性があります。だけど、、、どんな願いも自分ひとりの力で叶えることは難しい。

しかし、願いが叶うように応援してくれる存在があれば、よりスムーズに実現に向けて動き出します。

あなたには、願いを叶えるチカラがある

そのことをお伝えしたく、このたびに紫音先生があなたの波動を高めるご祈祷し、願いを叶えるお月さまのパワーを封入したパワーストーンをお分けしてくださることになりました。満月時だけということもあり、先生が一人ひとり、ご祈祷してパワーを封入するため今回は限定で30名の募集となります。ぜひ、紫音先生のご祈祷とお月さまのパワーを味方につけて、あなたの願いを成就させてください。

紫音先生の満願成就ご祈祷

新月と無料遠隔ヒーリング

「占いをいくつもやってみたけれど、願いが叶わない」

そういった経験はありませんか?

占いで願いは叶いません。

願いを叶えるのは、あなた自身の意志。

もっと言えば、潜在意識のチカラです。

ですが、あなたの中に潜在意識に怖れ(ブロック)があると

いくら叶う願いであっても、自らがブレーキをかけて叶わないようにしてしまいます。

願いを叶えるには、この潜在意識の怖れ(ブロック)を手放していくこと。

この怖れを手放し、願いを叶えやすくするのが紫音先生の新月の無料遠隔ヒーリングです。

無料で参加いただけますので、ぜひお気軽にお試しくださいね。


月に1度だけ
【新月時の限定告知】
紫音先生
新月の無料遠隔ヒーリング

↓↓↓

2019年12月新月の無料遠隔ヒーリング

 
LINEで送る
メールで送る
URLをコピペしてシェアもできます。
プロフィール
紫音 先生

星のしずく メインセラピスト。「今日のメッセージ」主宰。「今日のメッセージ」Facebookページではヒーリング系でNO1の実績である24,819以上のいいね!を集め、ピリチュアル分野でトップレベルの人気ページとして注目される。毎月行う新月の無料ヒーリングでは毎回9,155人以上が参加。参加者から毎日のように数々のポジティブな変化の報告が寄せられる。

facebook instagram twitter
プロフィール
お月さま

お月さまですよ~。 夜空を見上げると、いつもあなたを見守っている。あの「お月さま」です。 地球のみなさんの願い事を叶えてきたお月さまだから、お伝えできること。あなたの願いを叶えるヒントや季節のことばをつぶやいています。

line@
facebook instagram twitter