ふたご座の新月

毎月必ず新月の日がありますが、どの星座の位置で新月になるかによって、新月の持つ意味が変わります。
ふたご座の新月はどのような力を秘め、どのような願いを後押ししてくれるのでしょうか。
ふたご座の新月について、詳しくお伝えします。

ふたご座のキーワード

12星座の中でも、ふたご座にはどのようなサインがあり、何を象徴しているのでしょうか。

森を散歩する双子

ふたご座は交流・言葉を司る星座

ふたご座は風のエレメント。
風のように世界中を自由に駆け巡るエネルギーにあふれ、常に動き続けています。
そして、ふたご座は人々とコミュニケーションを取るというサインを持ちます。
交流するために必ず必要になるのが「言葉」。
そのため、ふたご座は言葉を使うのが得意です。
それも、ほかの人にはまねできないようなオリジナリティあふれる表現や美しい表現に長けています。

また、ふたご座には流行という意味もあります。
風のように世の中を吹き抜けていくふたご座は、まさに世相を流れる流行そのもの。
時代に合わせて流れる空気のように、柔軟に形を変えていきます。

賢く頭の回転が早いふたご座、フットワークも軽い

ふたご座は柔軟で自由、そして停滞することがありません。
頭の回転が早くて好奇心が旺盛なので、自分の興味が向くところへ動き続けます。
好奇心が旺盛ということは、たくさんのことに興味を持ち、それらについての知識を自然と学び、自分の中に蓄えていくということ。
つまり、ふたご座はいつの間にか博識になりやすいのです。

また、頭の回転の速さはマルチタスクを可能にします。
あちこち飛び回りながらいくつものタスクを同時にこなし、知識を増やしていく星座です。

ふたご座には「タイミング」という意味がある

ふたご座はタイミングにも強い星座。
「このタイミングだったからこれができた」「このタイミングだったから成功した」など、タイミングには運も大きく関与します。
ふたご座の持つ力でベストなタイミングで何かを得たり、行動を起こせたりするように背中を押してもらいましょう。

ふたご座の新月には、こんなアクションを起こそう

ふたご座の新月には、ふたご座が持つ力を借りた行動を起こすのがおすすめです。

整理されたデスク

「情報」「言葉」を司るふたご座だから、SNSで発信する

ふたご座には「情報」と「言葉」という意味があります。
私たちが生きるこの現代で、このワードにぴたりと当てはまるのがSNSです。

Facebook、LINE、Twitter、そしてInstagramもタグで言葉が含まれます。
皆さんが面白いと思うこと、多くの人に知ってもらいたいこと、知るべきだと思うことをどんどんSNSで発信していきましょう。
「きれいだったから見てほしい」「楽しかったから知ってほしい」「これはかわいいと思う」というようなちょっとした事柄も、誰かを楽しませたりワクワクさせたりするかもしれません。

まだ使ったことがないSNSアカウントがあれば、ふたご座新月のタイミングでアカウントを開設し、使い始めてみてはいかがでしょうか。

ふたご座には「デスク」「書斎」という意味も。デスク周りを掃除しよう

ふたご座はデスクと書斎を支配する星でもあります。ふたご座新月のタイミングで、デスクの周辺や書斎、本棚を整理整頓しましょう。
書類や本を見直して不要なものは捨て、必要な情報を取り出しやすくします。

書斎もデスクも、ふたご座が司る「情報」に関連するスペース。
自分にとって必要な情報が入ってくるよう、そして誤った情報や不必要な情報はシャットアウトできるように、いつでもきれいに整えておきたいもの。

自宅はもちろん、会社のデスクや学校のロッカーも見直しましょう。
チェックするのは本や書類だけではありません。
メモした紙や届いた手紙、もらったチラシやダイレクトメールも見直し、古いものは処分しましょう。
また、パソコンやスマートフォンのフォルダも見直して、古いファイルやもう必要なくなったファイルがあれば、それらも削除しておくと良いですね。

さらに書斎や本棚、パソコンやスマートフォンの掃除もして、気持ち良く使えるようにするとベストです。

「学び」もふたご座のキーワード、勉強を始めるのも吉

ふたご座は「学問」「勉強」を象徴する星座でもあります。
ふたご座の新月は、勉強を始めるにも最適なタイミングです。
自分が気になっていたことや好きなことはもちろん、狙っている資格試験の準備を始めるのも良いでしょう。

特に何も思いつかないという人は、外国語の勉強に挑戦してみてください。
というのも、ふたご座はコミュニケーションの星。
コミュニケーションとはすなわち「話す」ことであり、「聞く」ことであり、「書く」ことであり、「読む」こと。
つまり、ふたご座が司るもうひとつのワード「言葉」に繋がるのです。
「ずっとやろうか迷っていてまだ始めていない」という人は、ふたご座新月のタイミングで参考書を買ったり、レッスンの受講を申し込んでみたりしてはいかがでしょうか。

星と月の後押しで、勉強がより楽しくなりそうです。

ふたご座の悪い面も、新月の力を借りてリカバリー

頭の回転が早くて博識、言葉を扱う能力に長けているなど長所が多いふたご座ですが、短所もあります。その短所の改善にも新月が力を貸してくれます。

三日月

ふたご座のマイナス面は、飽きっぽくて続かないところ

好奇心旺盛なふたご座はいろいろなものに興味を持ちますが、それが悪く作用すると興味が薄れるのが早く、飽きっぽいという短所になってしまいます。

フットワークが軽いので何かに取り組むのも早いのですが、飽きて止めるのも早いので「物事が長続きしにくい」のがデメリットです。
もちろん、自分に合わないことを無理に長く続ける必要はありませんが、時には粘り強く何かに取り組むことも求められます。

新月に願い事をして、マイナス面を改善しよう

満ちた月が欠けて月齢0に戻り、「これからまた新たに始まる」のが新月です。
新月はお願い事をするのにも適したタイミングだといわれています。

「こうなりたい」「こんな夢をかなえたい」という願いごとはもちろん、ふたご座特有のマイナス面を改善する願い事も、ふたご座新月の力を借りれば叶えやすそうです。

新月の願い事の書き方

新月の願い事は、新月になってから48時間以内に手書きすると良いといわれています。
また、すでに叶ったように肯定文で書くのがおすすめです。

例えば「一度やろうと決めたことを最後までやり通すことができました」というように書いてみましょう。
書いた願い事は、1日1回見直して忘れないように自分の心に刻むとベター。
ふたご座新月の力を借りて、自分の短所を克服していきましょう。

ふたご座新月の力を借りて、新しいことに挑戦しよう

ふたご座の新月は、ふたご座の持つテーマから、SNSで発信する、語学を学ぶなどのアクションを起こすのに最適なタイミングです。
また、ふたご座の短所となる部分の改善を新月に願うのも良いでしょう。

ふたご座の力を借りて、興味があったことや気になっていたことに挑戦し、人生をより豊かにしていきましょう。


新月と無料遠隔ヒーリング

次回の新月
○
 
106日(水)20:06
てんびん座の新月
ただいま1,107
次回の新月の詳細はこちら
2021年10月新月メッセージ

「占いをいくつもやってみたけれど、願いが叶わない」

そういった経験はありませんか?

占いで願いは叶いません。

願いを叶えるのは、あなた自身の意志。

もっと言えば、潜在意識のチカラです。

ですが、あなたの中に潜在意識に怖れ(ブロック)があると

いくら叶う願いであっても、自らがブレーキをかけて叶わないようにしてしまいます。

願いを叶えるには、この潜在意識の怖れ(ブロック)を手放していくこと。

この怖れを手放し、願いを叶えやすくするのが紫音先生の新月の無料遠隔ヒーリングです。

無料で参加いただけますので、ぜひお気軽にお試しくださいね。


月に1度だけ
【新月時の限定告知】
紫音先生
新月の無料遠隔ヒーリング

↓↓↓

2019年12月新月の無料遠隔ヒーリング

 
LINEで送る
メールで送る
URLをコピペしてシェアもできます。
プロフィール
紫音 先生

星のしずく メインセラピスト。「今日のメッセージ」主宰。「今日のメッセージ」Facebookページではヒーリング系でNO1の実績である24,819以上のいいね!を集め、ピリチュアル分野でトップレベルの人気ページとして注目される。毎月行う新月の無料ヒーリングでは毎回9,155人以上が参加。参加者から毎日のように数々のポジティブな変化の報告が寄せられる。

facebook instagram twitter
プロフィール
お月さま

お月さまですよ~。 夜空を見上げると、いつもあなたを見守っている。あの「お月さま」です。 地球のみなさんの願い事を叶えてきたお月さまだから、お伝えできること。あなたの願いを叶えるヒントや季節のことばをつぶやいています。

line@
facebook instagram twitter