みずがめ座満月とは

占星術では、ホロスコープ上に黄道12星座を並べ、星座の位置に満月が入ることを特別視しています。
今回は、みずがめ座と満月が持つ意味、みずがめ座の位置に満月が入る「みずがめ座の満月」におすすめの行動を解説します。

西洋占星術のみずがめ座が持つ意味を読み解く

みずがめ座が持つ意味

西洋占星術では、黄道12星座の全てに違う意味や解釈が割り当てられています。
また星座そのものだけではなく、星座をいくつかの特徴に区分し、特徴を当てはめて解釈されています。
ここではみずがめ座が持つ意味を、二区分・三区分・四区分から読み解いていきます。

みずがめ座の二区分は「奇数」

星座の二区分とは、やぎ座からうお座までに番号をつけ、その番号が奇数であるか偶数であるかの区分けのことです。
奇数と偶数の2つに分けることから、二区分と呼ばれています。

みずがめ座は11にあたり、二区分では奇数です。
奇数の星座は男性をシンボルとし、外向きの意志が特徴です。
そのエネルギーは外へ外へと向い、みずがめ座の持つ「革命・未来志向」といったキーワードにも繋がっています。

ちなみに偶数の星座は女性をシンボルとしており、内へ内へ向かっていく意志が特徴です。
受動的・流動的なキーワードがありますが、親和性が高いという特徴も持っています。

みずがめ座の三区分は「固定」

星座の三区分とは、12星座を「活動・固定・柔軟」の3つに区分するものです。
三区分で活動に当たる星座は、物事を新しく始めるのが好きで「活発・決定力」などのキーワードを持ちます。
その反面、継続することを苦手としていることが多いです。

固定に当たる星座は持続力にすぐれ、維持する力を持っています。
このことから「保守的・頑固・冷静沈着」というキーワードが当てはめられます。

柔軟に当たる星座は、変化に対して柔軟に対応できる力があります。
「受動的・融通がきく」というキーワードを持ちますが、優柔不断な一面として現れることもあります。

みずがめ座は三区分で「固定」にあたり、持続力と維持する力を持った星座です。

みずがめ座の四区分は「風」

星座の四区分とは、各星座を「火・水・風・土」の4つに分類するものです。
この4つは四元素とも呼ばれ、それぞれに異なった性格の傾向を持っています。

火の元素は「向上心が高く、活力が豊富」「風の元素と相性が良い」「独立心が強く、短気な面がある」といった特徴があります。
火の元素を持つ星座は「おひつじ座・しし座・いて座」です。

水の元素は「感情・愛情を重視する傾向」があり、「土の元素と相性が良い」「感情的である」という傾向を持っています。
水の元素を持つのは「かに座・さそり座・うお座」です。

風の元素は「物事を知的に、理性で理解する」「火の元素と相性が良い」「社交的・知性が高い」という傾向があります。
みずがめ座は風にあたり、キーワードとして「視野の広さ」を持っています。
まさに知性の高さを伺わせる解釈ですね。
みずがめ座のほかに「ふたご座・てんびん座」も風の元素を持つ星座です。

土の元素は「現実的」「水の元素と相性が良い」「慎重で堅実、現実的な考えを持つ」という特徴があります。
土の元素を持つのは「おうし座・おとめ座・やぎ座」の3つです。

西洋占星術の満月が持つ意味とは

西洋占星術の満月が持つ意味とは

みずがめ座の持つ意味を読み解いてきました。
みずがめ座の満月の日に何をすればいいのか知るには、満月の意味を理解しておく必要があります。
ここでは西洋占星術における、満月の持つ意味を解説していきます。

満月は「願いをかける」のではなく「感謝」をする日

天空に大きく輝く満月を見ると、つい願いをかけたくなってしまいます。
願いをかけてはいけない、というようなことはないのですが、満月は西洋占星術において「実り」「豊かさ」の象徴として扱われています。
願いをかけるというよりも、いただいた実りに感謝をする、というふうに覚えておくと良いでしょう。

ちなみに新月は「新しい月」と書くように、新しいことを始めるのに適した日です。
願いをかけるなら、新しく物事を始める新月の日の方が向いているかもしれません。
やってはいけないということはありませんが、どちらかというと満月には「祈りを捧げる」方が向いていると言われています。

新月から満月にかけてのサイクル

新月から満月へと変化していく月のサイクルに合わせて、生活や願いのサイクルを作ると効果的です。
新月に願いをかけたり、自分の夢を叶えるのだと決意したりします。
そして満月のときに、得られた実りに感謝を捧げる、というサイクルを作ってみましょう。
こうすることで、満月・新月の特徴に合わせて行動することができます。

満月は今の状態への感謝と点検を

満月は「実り」「豊かさ」をあらわします。
満月のときには、今の状態であることへの感謝を捧げ、さらに願いごとの点検をすると良いでしょう。
自分が新月のときにかけた願いは本当に心からの願いごとだったのか、と確認することで、自分の本心に気づくことができるかもしれません。

みずがめ座の満月におすすめの行動

みずがめ座の満月におすすめの行動

みずがめ座の持つ意味と、満月のあらわすものがそれぞれわかりました。
これらがわかれば、みずがめ座の満月の日にすべき行動がわかってきます。
みずがめ座の満月の日におすすめの行動を紹介します。

満月に感謝を捧げよう

みずがめ座の満月の日は、まずは満月に対して感謝を捧げましょう。
満月は実りと豊かさの象徴です。
新月の日に願いをかけ、満月の日に感謝を捧げる。
そして自分自身の点検をする、というサイクルを意識してください。

みずがめ座の満月は前向きに

みずがめ座は外向きの意志を持っているので、後悔したり反省したりするよりも、より前向きになってみましょう。
みずがめ座の持つ「革命的・未来志向」といったキーワードが満月によって強められ、今までよりも前向きな姿勢になり、今後の生活にいい影響が出てくる可能性があります。

広い視野で将来のことを考えてみよう

みずがめ座は、知性が高く社交的な傾向です。
風の元素ならではの広い視野で、将来のことをしっかり考えてみましょう。
未来志向の力も強められるので、ここでしっかり考えておくことは無駄にはなりません。

星座と満月の意味を考えて行動しよう

ホロスコープ上でそれぞれの星座の位置に入った月は、自分の位置の星座が持つ力に大きな影響を与えます。
満月の時期に適切な行動を取るためには、星座の意味を理解しておくことが重要です。
満月があらわすもの、星座の意味。
これらをしっかり考えて行動してみてくださいね。

紫音先生の満願成就のご祈祷

もし、願いが叶うとしたら、、、あなたはどのようなお願いをしますか?願いはイメージをした段階で実現に向けて動き出すといわれています。あなたの中に浮かんだ願いは十分にそれを実現させる可能性があります。だけど、、、どんな願いも自分ひとりの力で叶えることは難しい。

しかし、願いが叶うように応援してくれる存在があれば、よりスムーズに実現に向けて動き出します。

あなたには、願いを叶えるチカラがある

そのことをお伝えしたく、このたびに紫音先生があなたの波動を高めるご祈祷し、願いを叶えるお月さまのパワーを封入したパワーストーンをお分けしてくださることになりました。満月時だけということもあり、先生が一人ひとり、ご祈祷してパワーを封入するため今回は限定で30名の募集となります。ぜひ、紫音先生のご祈祷とお月さまのパワーを味方につけて、あなたの願いを成就させてください。

紫音先生の満願成就ご祈祷

新月と無料遠隔ヒーリング

「占いをいくつもやってみたけれど、願いが叶わない」

そういった経験はありませんか?

占いで願いは叶いません。

願いを叶えるのは、あなた自身の意志。

もっと言えば、潜在意識のチカラです。

ですが、あなたの中に潜在意識に怖れ(ブロック)があると

いくら叶う願いであっても、自らがブレーキをかけて叶わないようにしてしまいます。

願いを叶えるには、この潜在意識の怖れ(ブロック)を手放していくこと。

この怖れを手放し、願いを叶えやすくするのが紫音先生の新月の無料遠隔ヒーリングです。

無料で参加いただけますので、ぜひお気軽にお試しくださいね。


月に1度だけ
【新月時の限定告知】
紫音先生
新月の無料遠隔ヒーリング

↓↓↓

2019年12月新月の無料遠隔ヒーリング

 
LINEで送る
メールで送る
URLをコピペしてシェアもできます。