月の満ち欠けと仕事運の関係。満月と新月の開運術

月の引力が潮の満ち引きにも影響するのはよく知られています。

その月の引力は、地球だけでなく
わたしたち人間の心と体にも大きな影響をもたらします。

当然そうなると、良くも悪くも仕事やビジネスにも大きく関わります。

今回はそんな月と仕事運の関係についてお話ししましょう。

目次
仕事の調子と月の関係
月の満ち欠けと仕事運
人は月の影響下で生きている

仕事の調子と月の関係

仕事をしていればいい時期も悪い時期もあります。

実はそれは月の影響を受けてのことだったのは知っていましたか?

月の引力と人への影響

なぜ月が仕事の調子に関係してくるのでしょうか?

それは月の引力と人の関係にあります。

月の引力が潮の満ち引きに影響するように、人体にも影響します。人間は約60%が水ですから、影響があるのは当然ですね。

そして肉体が影響を受ければ心も受けます。

月の引力の変化で気分も変わるので、それが仕事にも関わってきます。

仕事の進行と月

多くの仕事が人と人との関わりによって進行していき、結果になっていきます。

そうなるとその進行も月の引力にとても影響を受けます。

例えば満月の時は積極的になりますが、集中力や注意力は散漫になることが増えます。

すると緻密さや精密さを求められる仕事ではミスが頻発して進行が遅れるでしょう。

このように、月は仕事へも大きな影響を持っています。

月の満ち欠けと仕事運

月の引力による影響は、仕事運にも影響します。

そして新月と満月の時には異なる運勢の流れになるので、対策も違ってきます。

新月の時の仕事運

新月は、心身共にとても研ぎ澄まされピリピリもする時です。

なのでこの時期の仕事運は冷静さを意識することで良くなるでしょう。

また新月は新しいサイクルの始まりなので、仕事の環境や内容を変えるのもいいですね。

翻弄されずに冷静であれば新しい環境の中でも仕事を成功させることができるはずです。

満月の時の仕事運

満月の時はエネルギーが満ちて調子がいいと感じる時期です。

積極性も出ますが、集中力・注意力が散漫になりがちなので、些細なミスを起こしやすく油断は禁物です。

物事の結果が出たり、収穫の時期でもあるので、最後の詰めの作業をした方がいいかもしれません。

人は月の影響下で生きている

月は昔から人の生活に密着してきました。

そしてその影響下から抜け出すことは難しいでしょう。

わたしたちは想像以上に月の引力によって心を左右されています。

満月の時は積極的だけど些細なミスに注意することや新月の時は冷静に変化に対応することが月の影響下で仕事運をよくしていくポイントでしょう。

 
LINEで送る
メールで送る
URLをコピペしてシェアもできます。