本日7月28日(土)は皆既月食。満月が地球の影に隠れる「皆既月食」が28日未明から早朝にかけ、北海道を除く国内のほとんどの地域で見られます。よりハッキリと見えるのは、九州や沖縄エリア。

月は午前3時24分に欠け始め、皆既食は午前4時半から午前6時14分まで続きますが、東京では午前4時49分に月が沈みます。皆既食中の月は、太陽光が地球の大気で屈折・散乱するため赤黒い赤銅(しゃくどう)色になります。このため皆既月食をブラッドムーンと呼ぶことも。

日本で皆既月食が見られるのは今年2回目で、次は2021年5月26日と3年ほど空いてしまうので貴重なタイミングです。

さらに、3日後の7月31日(火)には、2003年以来15年ぶりに火星が地球に大接近。しかも、月との距離も近いため、満月と火星は寄り添うように見えるでしょう。折しも、火星の地下に湖を発見されたタイミングです。なにか惑星を超えた神秘のメッセージが、この時代に生きる私たちに伝えられているようです。

この貴重なタイミングにおいて、紫音先生は満願成就のご祈祷をしてくださることになりました。まだ間に合いますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

→ただいま満願成就受付中