来週からは10月に入り、本格的な秋がやってきます。

10月は実りの季節。作物が実るようにあなたが今年取り組んできた成果が出るタイミング

来月以降、どのように過ごせばよいのか?

「優しい人は運気を逃す?」というタイトルで
お月さまの友だちの紫音先生からメッセージをいただきました↓↓

■ 日本には四季折々

自然の祝福に揺られながら

そのときどきで

わたしたちが必要とする
エネルギーに満ち溢れています。

海外でどれほど贅沢をしても
日本の風土の豊かさには及ばない。

年齢を重ねるほど
この土地の偉大さに気づきます。

そして、この地に
住まわせていただいていることに

ただただ
感謝の気持ちがわきおこります。

■ 紫音先生のご祈祷では

各地に散らばる神域から

この日本、この季節で

もっとも高まる
旬のエネルギーを受け取り

お一人おひとりにお届けします。

>> 10月の季節のご祈祷(10月2日〆切)

・魔除け、災難除けの
大神(おおみわ)神域ご祈祷

・恋愛でお悩みの貴女へ
厳島(いつくしま)神域ご祈祷

の2つをご用意しております。

なかでも大神(おおみわ)神域は

奈良県桜井市にある三輪山にあり
日本最古の神域の一つ。

日本を代表する
魔除け・災難除けの神域です。

先日の
中秋名月(十五夜)をはじめとして

これから日本では秋の収穫を
お祝いするお祭りが続きます。

そう、10月は実りの季節。

自然界では作物が実るように

あなたが今年取り組んできた
成果が出るタイミング。

ここでほっと一息つきたくなりますが
あなたがこれまで大切に育ててきたものを

収穫前に失ってしまったり
邪魔されたりといったことが
起こりやすいときでもあります。

だからこそ

10月から11月の時期に
もっとも必要となる魔除け・災難除けエネルギー。

紫音先生のご祈祷を
受ける・受けないにかかわらず

災難・トラブルから
あなたや家族を守り
大きな成果を得るには

どうすればよいのでしょうか。

↓↓ズバリ紫音先生に聞いてみました。

************************************

あなたには

「守るべき存在」

があるでしょうか?

自分自身だけでなく

恋人や家族など

きっと身近に

あるいは

遠くに離れているからこそ

守りたい人がいることでしょう。

その守りたい存在を
忘れてしまい

だれにでも優しくしてしまうと

そこから
災難やトラブルが入り込みやすくなります。

だれにでも優しい人は
とてもよい人のように見えますが

裏をかえせば優柔不断。

だれからも批判されず

みんなにいい顔をしたい。

そのために

自分の大切な存在を
犠牲にしていることに気づかない。

そのような甘えとエゴがあります。

わたしたちは

守るべき存在のために

毅然とした態度を示さなければ
ならないときがあります。

やさしいだけではダメ。

ご自身と大切な人を守るためにも

ときに厳しい決断をする気持ちが
根底にあれば大丈夫。

その厳しさがあれば

災難やトラブルを避けることができます。

大難を小難に。

小難を無難にするチカラ。

厳しさのなかにある愛こそが

あなたの心身の健康を高め

トラブルや災難から守ります。

実は、大神(おおみわ)神域は

事業の成功や繁栄のための

神域でもあります。

なぜなら

経営者は一般の方よりも

「守るべき存在がたくさんある」

からです。

お客さまとその家族
スタッフとその家族
取引先とその家族

守るべき存在がたくさんあるからこそ

ときに厳しい決断が求められます。

そのため
魔除け、災難除けの大神神域は

事業の成功と繁栄にもつながります。

一部の人たちから
冷酷だと思われても

守るべき存在があり

そのためにエゴ=見栄

を手放してでも

やるべきことをする。

その心づもりが

魔除け・災難除けのエネルギーとなります。

紫音

************************************

>> ただいま受付中☆10月の季節のご祈祷

紫音先生が、お一人おひとりご祈祷いたします。

人数に限りがありますので

大切な人を守り
成果を手にしたい方は
はやめにお申し込みくださいね。

※締切は来週10月2日(火)です。

 
LINEで送る
メールで送る
URLをコピペしてシェアもできます。