年に1度、おりひめとひこぼしに願いをこめる七夕。
学校や地域のイベントで短冊に願い事を書いた思い出があるかもしれません。

琴座のおりひめと鷲座のひこぼしは、旧暦7月7日に天の川をはさんで最も光り輝きます。
このことから中国では、牽牛織女伝説(けんぎゅう・しょくじょ)が生まれ、おりひめとひこぼしの七夕の起源となります。

牽牛(けんぎゅう)星と織女(しょくじょ)星は、ひこ星とおりひめ星の漢名(中国での呼び名)です。
牽牛は、農耕のために牛をひく若者。織女は、機織り(はたおり)をする乙女を意味します。
※機織り…糸を縦横に組み合わせ布をつくること。

古代中国から伝わる織姫牽牛伝説

天帝(古代中国の最高神)の娘、織姫は、機織りを仕事としていました。
織姫は、牛を引き農業をする若者(=牽牛)に恋をし、天帝は2人の結婚を許します。

元々は働き者同士だった2人ですが、幸せな結婚生活に夢中になり仕事をしなくなってしまいます。

怒った天帝は、天の川によって2人を引き裂きました。
しかし、2人があまりにも悲しむので、年に1度だけ天の川を渡り、再開することを許したのです。

それから、おりひめとひこぼしは、再会を楽しみに、日々仕事に励むようになりました。
そして毎年、天帝から許された特別な1日だけ、天の川を渡り逢瀬を果たします。

この特別な日が旧暦の7月7日です。

願いをかなえる七夕

中国では、織姫牽牛伝説から乞巧奠(きっこうでん)という行事が生まれました。
機織りを仕事としていた織姫にちなみ、五色の糸を飾り、裁縫の上達を祈ります。

それが日本に伝わり、日本古来の習慣や行事と影響しあい、現在の七夕になりました。
笹の葉に、願い事を書いた短冊を飾り、そうめんを食べる日本独自の楽しいイベントとして広まりました。

年に1回、天帝が願いを叶える特別な日

旧暦7月7日、天の川をはさみ、おりひめ星とひこ星が1年で最も強く輝きます。
再開を許された2人の喜びのパワーがあふれ、恋愛や結婚、復縁成就のお願いにはピッタリです。

だからといって、恋愛以外の願い事をしてはいけないわけではありません。

そもそも、七夕の起源となった乞巧奠(きっこうでん)は、織女星へ裁縫上達を祈る行事でした。
また、おりひめとひこぼしの仕事である機織りと農耕は、古代社会における男女の仕事の象徴です。

おりひめとひこ星の伝説は、自分の仕事にしっかり向きあい、恋人との再会を天帝から許される、仕事と恋愛、両方にまつわるお話です。仕事は、収入をえる手段でもあり、スキルの上達や職場選びは、収入を左右します。七夕の日には、仕事やスキルの向上、収入、お金全般にまつわるお願い事もオススメです。

おりひめとひこほしが年に1度だけ再開を許される、特別な日。
今回、紫音先生がこの時期に合わせてご祈祷をしてくださることになりました。

興味のある方は、ご覧になってみてください。

乞巧奠(きっこうでん)から七夕へ

中国では、牽牛織女伝説(けんぎゅう。しょくじょ)から乞巧奠(きっこうでん)という行事が行われるようになりました。
機織りを仕事としていた織姫にちなみ、五色の糸を飾り、裁縫の上達を祈ります。

それが日本へと伝わり、日本古来の儀式や慣習とまざって、現在の七夕になりました。

七夕飾りの意味

七夕には、七つ道具といわれる、定番の飾りつけがあり、それぞれに意味があります。

笹の葉

竹は、最高で1日に1メートルも伸び、笹の葉は防腐効果や漢方としての効能が古くから知られています。
こうしたことから、竹や笹の葉には、強い生命力と厄除けの力があり、神を呼ぶ依代(よりしろ)になるとも考えられ、日本では古来から神事でよく使用されました。そして、七夕でも自然と笹の葉が使われるようになったのです。

吹き流し

機織りや技芸の上達を祈ります。おりひめの織り糸を表現しています。

紙衣/神衣(かみこ)

裁縫上達を祈ります。着物を表現しています。

巾着

金純上昇を祈ります。

網飾り

豊作や大漁を祈ります。

くずかご

ものを粗末にせず役立てることを祈ります。

千羽鶴

長寿を祈ります。

短冊

願い事や詩歌を書き飾ります。乞巧奠(きっこうでん)で五色の糸を飾ったことから、短冊も5色あります。

陰陽五行説では、この世界が5つの要素「木、火、土、金、水」によってつくられているとされます。
短冊の色は、5要素に対応する「緑・赤・黄・白・黒」の5色です。
黒は祝い事にふさわしくないという理由で、代わりに紫が使われることも多いです。

これらが、七夕に欠かせない七つ道具といわれ、一般的にすべて紙でつくり、使い終わると川や海に流しました。(現在では、環境保護やごみ処理の問題で、燃えるゴミに出したり、寺社でお焚き上げしてもらうこともあります)。