12月4日の満月は、今年地球に最も近い満月でした。普段よりも月が地球に近づくことで、大きく見えることから「スーパームーン」とよばれています。

ただ実際の空では大きさを比べることはできません。ですので、眺めるだけでは月の大きさの変化に気づくことはないでしょう。もし大きく見えたとしたら、気持ちの高揚が大きく感じさせているのかもしれませんね。それでも、最も近い満月は最も遠い満月に比べて、14パーセント直径が大きく見えて、30%も明るく見えます。

来年2018年1月もスーパームーンがやってきます。また月に2回満月が起きるブルームーンも同時に起きます。2018年1月は新春から天体イベントが盛り上がりそうですね。

 
LINEで送る
メールで送る
URLをコピペしてシェアもできます。