人を輝かせると財運が高まる

こんにちは。
星のしずくです。(*^-^*)

先日ご案内しました

紫音先生の財運財布プラチナム

おかげさまで本日完売の見込みです。


紫音先生の財運財布プラチナム

気になる方はお早めにチェックしてくださいね。

■ 財運財布「プラチナム」とは?

夜空に輝く星々・・・

その奥に控える大宇宙は

どこまでも深く広がっています。

宇宙の豊かさと
つながれば

あなたは生涯にわたり

お金と豊かさに恵まれます。

そこで、このたび

紫音先生に

宇宙の無限の
豊かさにつながる

財運財布をつくっていただきました。


紫音先生の財運財布プラチナム

紫音先生はいいます。

金運も重要ですが

40代からは財運を高めることが大切であると。

金運と財運には

一体どのような違いがあるのでしょうか。

そして、財運を高めるには

どういうことをココロがけるとよいのでしょうか。

その秘訣について
紫音先生からメッセージをいただきました。

アイテムを手にする・しないに関わらず

幸せのヒントがありますので

お読みいただければと思います。

↓↓
************

紫音先生

財運とは、あなたのために

優秀な人やモノが

豊かさを生みだすこと。

自分ひとりで
なんとかしようとしても

限界があります。

周りの人やモノを活用すれば

豊かさは制限なく

あなたのもとにやってきます。

ただし

金運が要らないわけではありません。

金運は財運の土台となるものです。

みずからのはたらきによって

心地よい生活を叶える金運は

人に頼らず、自立した生活をするために
必須のものだからです。

ただ、どれだけ能力があっても

だれしも年々体力は衰え

自分ひとりで
できることには限りがあります。

金運ばかり求めていては

受けとる豊かさに限界がきてしまいます。

あなたが20代、30代であっても

いまのうちから

金運だけでなく
財運を意識しておくことで

生涯にわたって

豊かさを受けとる準備が整います。

では、どうすれば

あなたのために優秀な人やモノが

豊かさを生みだすような
財運を高めることができるのでしょうか。

財産は、人を通じてやってきます。

自分ではなく、周囲の人です。

自分が目立とうとしたり

自分を活かそうとしたりするよりも

まわりの人を活かそうとすること。

「人を活かす」のが財運の基本です。

スピリチュアルでは

人を活かす=人を輝かせる

ことになります。

「人を輝かせる」

その輝きは光であり

宇宙の豊かさが発動する

神性なパワーがあります。

まわりの人を輝かせることを

主体とした

はたらきかけをしてみましょう。

「相手を主役にして

あなたは脇役になれ」

というわけではありません。

あなたも主役でいいのです。

そして、同時に相手も

相手の人生において主役です。

お互いが張り合うことなく

相手がさらに輝くお手伝いをするとき

あなたの財運は高まっていきます。

では、具体的に

人を活かし、輝かせるとは

どのようなことを指すのでしょうか。

カンタンに表現すると

「自己実現のお手伝い」をすること。

それは

「相手がまだ知らない自己」も含まれます。

ただ相手の望みを叶える

お手伝いだけでなく

相手が予想もしなかった

新たな自分を発見するお手伝い。

相手の新しい面を一緒に

発掘することも

自己実現のお手伝いといえます。

友だちでも、家族でも

上司でも、部下でも

お客さんとの関係であっても。

どのような人間関係であっても

自己実現のお手伝いをして

相手を輝かせるという

意識と姿勢を
常日頃からココロがけること。

そうすれば

宇宙の豊かさが発動する
神性なパワーを得て

宇宙の尽きることのない

豊かさを受けとります。

紫音

************

あなたも紫音先生の財運財布で
宇宙の豊かさを手にしませんか?

紫音先生の財運財布プラチナム

※いま財運財布をお求めの方には

もれなくキラキラゴールド

「億万のお札」を無料プレゼント。

おかげさまで先日より

多くの方にお申込みをいただいておりまして

本日完売の見込みです。

気になる方は
お早めにチェックしてくださいね。

 
LINEで送る
メールで送る
URLをコピペしてシェアもできます。
プロフィール
紫音 先生

星のしずく メインセラピスト。「今日のメッセージ」主宰。「今日のメッセージ」Facebookページではヒーリング系でNO1の実績である24,819以上のいいね!を集め、ピリチュアル分野でトップレベルの人気ページとして注目される。毎月行う新月の無料ヒーリングでは毎回9,155人以上が参加。参加者から毎日のように数々のポジティブな変化の報告が寄せられる。

facebook instagram twitter