日々変化するお月さまを1か月密着取材

日々変化する月の満ち欠けは、見ていてとても面白い存在です。大昔から決まった周期で満ち欠けを繰り返してきた月は、その時代や地域で親しまれてきた名前を持っています。今回は、月の満ち欠けを追いながら、月にまつわる名前やエピソードを踏まえてご紹介していきます。

目次
これから満ちていく月「新月」「二日月」「三日月」
「満月」を迎え次第に欠けていく「十六夜」「立待月」
月の満ち欠けを眺めながら過去に思いを馳せてみませんか

これから満ちていく月「新月」「二日月」「三日月」

日本ではかつて、現在の太陽暦ではなく、月の満ち欠けを元に太陰暦(旧暦)と呼ばれるこよみで、月日を計算していました。

旧暦1日ごろ、新月は地球から見て太陽と月が同じ方向を向いている状態のことを指し、ほぼ真っ黒な姿で空に現れます。旧暦2日ごろになると、ほっそりとした二日月が、夕暮れ時に確認できます。

旧暦3日ごろになると古くから短歌にも読まれた美しい月、三日月が確認できます。三日月は「眉月」(まゆづき)という異名を持っています。またパンでもお馴染みのクロワッサンは、フランス語で三日月という意味です。

ふっくらとしてきた月「上弦の月」「十三夜」「小望月」

旧暦7日ごろ、上弦の月が登ります。上弦の月は別名弓張り月といい、弓に弦を張った状態に似ていることから名付けられました。

旧暦13日頃になると、十三夜月が見られます。満月の次に美しいとされた月です。このあたりになると、月もふっくらとしてきます。

旧暦14日ごろになると、小望月(こもちづき)が確認で居ます。別名待宵月(まちよいづき)といい、満月を待つ月という意味を込めて呼ばれました。

「満月」を迎え次第に欠けていく「十六夜」「立待月」

さていよいよ旧暦15日ごろ、満月になります。満月は望月、十五夜などさまざまな名前を持っています。満月は一晩中見て楽しむことができる月とあって、古くから多くの人々のあいだで親しまれ、愛されてきました。

満月が過ぎ旧暦16日ごろは、十六夜と呼ばれる月が見られます。十六夜は「いざよい」と読み、ためらうという意味を持つ言葉です。これは十五夜よりも月が昇るのがおよそ50分ほど遅いことから、昇るのをためらっている姿になぞらえて名付けられました。

旧暦17日ごろの月は、立待月といいます。十六夜よりももっと昇るのが遅いこの月は、月が昇るのを「立って待つ」月ということから名付けられました。このように、満月以降、月は徐々に昇る時間が遅くなります。

なかなか登らない月を待ち遠しく思う「居待月」「寝待月」

旧暦18日ごろの月は居待月と呼ばれています。これは「居間に待って待つ」ほど、昇るのがゆったりした月ということに由来します。

さらに昇るのが遅い旧暦19日ごろの月は、寝待月といいます。「寝て待つほど」昇るのが遅い月という意味です。

旧暦20日ごろになると、「月の出が夜更けまで待つ」ことになるため、更待月と呼ばれるようになります。

上弦の月に似ているようでわずかに違う「下弦の月」

旧暦22日ごろになると、月が膨らんでいくころとは反対側が欠けていっていることがはっきりと確認できるようになります。下弦の月と呼ばれ、上弦の月のほぼ反対になります。

上弦の月と下弦の月は同じように見えても、わずかに違いがあります。下弦の月は、西半球が輝いており、月の海と月の陸の範囲の関係で、上弦の月よりもわずかに暗いのが特徴です。

「晦」は2つの名前を持つ最後の月

旧暦29日ごろ、月は再び真っ暗に隠れて見えなくなります。この頃の月は晦といいます。「つごもり」と読み、「月がこもる」ことからこう呼ばれています。

もう一つ晦と書いて「みそか」とも読みます。みそかとは、三十日と書くこともある旧暦です。「月の満ち欠けの最後の日」という意味です。29日を指す月の場合は、その時が最後に当たるため30日ではなく29日でも、みそかにあたります。

月の満ち欠けを眺めながら過去に思いを馳せてみませんか

月はとても表情豊かで、愛称をつけられるほど、古くからたくさんの人々親しまれてきました。毎日変化する月を眺めながら、昔の人が名付けた素敵な別名も思い出してみてはいかがでしょうか。

さて紫音先生の新月の無料ヒーリングでは、新月の願い事に関して詳しくご紹介しています。月の魅力とパワーを日常に取り入れていくために、ぜひこちらもご参加ください。

 
LINEで送る
メールで送る
URLをコピペしてシェアもできます。