明日からは10月に入ります。

実は、10月はとくに魔除けを
強化しておくとよいときなのですが

それは、恋愛にも当てはまります。

紫音先生のご祈祷では
各地に散らばる神域から

この日本、この季節で
もっとも高まる
旬のエネルギーを受け取り

お一人おひとりにお届けしておりますが

10月の季節のご祈祷(10月2日〆切)は
>> http://star-mall.net/shizuku/item/gokito

・魔除け、災難除けの
大神(おおみわ)神域ご祈祷

・恋愛でお悩みの貴女へ
厳島(いつくしま)神域ご祈祷

の2つをご用意しております。

■ 今回は
厳島神域の秘密について。。。

海上に立つ高さ16mの大鳥居は
日本三大鳥居の1つでもあり
世界文化遺産にも登録されている
広島湾に浮かぶ厳島(いつくしま)神域。

厳島の御祭神は、宗像三女神
(むなかたさんにょしん)。

宗像大社より宮島に勧請され
厳島神社にも鎮座しています。

厳島はハートを癒し
恋するパワーを取り戻す神域。

困難な恋を成就させるには
3つの要素があります。

その3つの秘訣を兼ね備えているのが
この神域を守る宗像三女神さま。

1.女性の神秘を守る
田心姫神(たごりひめ)さま

よく分からないから知りたい。
もっと知りたいから近づきたい。
そのように異性から求められる魅力。

その神秘の魅力を
田心姫神はあなたにあたえます。

2.恋を邪魔するものから守る
湍津姫神(たぎつひめ)さま

湍津姫神(たぎつひめ)さまは
荒れる波を断つ女神さま。

あなたの恋に立ちはだかる
困難の矢面に立ち
恋愛成就を守り抜きます。

3.恋する楽しさを取りもどす
市杵島姫神(いちきしまひめ)

「いつくしま」の語源ともなった女神さま。

猥雑な下界から離れ
清らかな神域を保っています。

あなたの繊細なハートを癒し
恋する楽しさを取りもどします。

■ 恋はタイミングがすべて
~ 厳島神域の特徴 ~

本日のように台風がきて
大荒れの天気のときに
お出かけするのは困難が伴います。

でも晴れていれば
安心してお出かけできます。

恋はタイミングがすべて。

ダメなときはなにをしてもダメ。

でもタイミングが合えば
カンタンに運命の扉は開かれていきます。

厳島神域は
あなたの生命のリズムを整え
恋を叶えるタイミングをつかみます。

上記のことを理解していれば
厳島神域から受けとるエネルギーは
さらに大きくなります。

紫音先生のご祈祷を
受ける・受けないにかかわらず

恋を成就させるには
どうすればよいのでしょうか。

↓↓ズバリ紫音先生に聞いてみました。

***********************************

目には見えませんが

どの神域にも
清らかな存在が鎮座しています。

人間と同じく

神域にも異なる個性があります。

・慈愛に満ちた神域
・厳しい神域
・にぎやかな神域
・静けさの神域
・豊かさの神域
・絶えず変化する神域など

そうした個性あふれる神域ですが

すべてに
共通しているものがあります。

それはどの神域も

「喜びに満ち溢れている」

という点です。

それを音でとらえるものは
喜びのオーケストラの響き

それを視覚でとらえるものは
太陽の光を何倍にもした輝き

それを香りでとらえるものは
甘美なフルーツを思い浮かべるでしょう。

どの神域も
喜びにあふれ、響いています。

けれども
神域は見えない存在。

身体を持っていません。

そのため

その喜びを
身体全体で表現できれば

とても素晴らしい
であろうと感じています。

だからこそ神域は
その喜びをわたしたちに
分けあたえてくれます。

喜びを体現するその様子をみて
さらに喜び、輝きを増す神域。

その喜び=祝福を

一身に受けてわたしたちは

さらに幸せに
さらに豊かになっていきます。

厳島(いつくしま)神域は
恋の喜びをあたえてくれる神域。

その恋の祝福を受けとるには

あなたのうちに

「喜びの呼び水」

を作りましょう。

恋愛成就する前から

恋するワクワクした感覚をもって
笑顔でいること。

恋がうまくいく前は不幸で
恋がうまくいけば幸せ。

ではなく

恋がうまくいくかどうか分からない。

そのときから

恋する楽しさをイメージして
笑顔でいること。

その笑顔がさらなる幸せを呼び込み

さらなる恋の喜びがあたえられます。

紫音

***********************************

▼ 締切まであと2日☆紫音先生の厳島神域ご祈祷
>> http://star-mall.net/shizuku/item/gokito

紫音先生が、お一人おひとりご祈祷いたします。

人数に限りがありますので

大切な人を守り
成果を手にしたい方は
はやめにお申し込みくださいね。

※締切はあさって10月2日(火)です。