半影月食のスピリチュアルな意味

今年2020年は

半影月食が3度やってきます。

(1月11日、6月6日、11月30日)

これは偶然ではありません。

すべては必然で起きています。

月食とは

太陽と地球、月が一直線に並ぶことで

地球の影に月が隠れる現象です。

地球がつくる影のうち

太陽の光が届く部分の影を半影といい

その「陰と陽の両面」を

あらわすのが、半影月食の満月です。

しかも、陰の影響から抜け出し

陽になろうとする、満月。

月は、女性性のシンボルですが

これまで陰に潜んでいた

あなたの内なる女神が

陰から顔を出して

表舞台へと出て

本格的に活動をする。

2020年は

その準備段階の年といえるでしょう。

 
LINEで送る
メールで送る
URLをコピペしてシェアもできます。
プロフィール
紫音 先生

星のしずく メインセラピスト。「今日のメッセージ」主宰。「今日のメッセージ」Facebookページではヒーリング系でNO1の実績である24,174以上のいいね!を集め、ピリチュアル分野でトップレベルの人気ページとして注目される。毎月行う新月の無料ヒーリングでは毎回9,155人以上が参加。参加者から毎日のように数々のポジティブな変化の報告が寄せられる。

facebook instagram twitter