内なる愛に目覚める方法とは?

こんにちは。
星のしずくです。(*^-^*)

麦が実る季節がやってきました。

麦が熟す時期を

麦秋(ばくしゅう)といいますが

この場合の秋は、実りのとき。

同じ「とき」であるのに

「時」と「秋」ではどう違うのか。

危急存亡の秋(とき)というように

秋という字には

「重要な時期」という

意味があるのだそうですよ。

さて、ときといえば

いよいよ本日19時が〆切です。


紫音先生のハートチャクラご祈祷

※通常のブロック解除のご祈祷もお申込みいただけます。

※〆切直前のため、銀行振り込み前払いはご利用いただけません。
オンラインカード決済のみとなります。

人生を好転させる
カギとなるのがハートチャクラ。

ハートチャクラが弱った状態で
懸命に行動しても結果はいつも空回り。

人生を好転させるには
あなたのハートを癒し、愛で満たすこと。

そうすれば

これまでのツライ出来事は洗い流され
あなたの人生は再び輝きだします。

そこで今回、紫音先生に
心地よい人間関係に恵まれるよう
ハートチャクラのご祈祷を行っていただきます。

では、どのようにすれば

ハートチャクラを癒し輝かせることが
できるのでしょうか?

ご祈祷を受ける・受けないに関わらず

だれにでもできる、と

紫音先生はいいます。

その秘訣について

前回に引き続き

紫音先生から
メッセージをいただきました。

↓↓
************

ハートチャクラが弱っているとき

人は、愛を外に求めようとします。

もっと人に愛されたい。

もっとかまってほしい。

もっと満たしてほしい。

けれども

求めたものが手に入らず

期待外れな結果になると

不満を募らせ、人を許せなくなります。

人を許し、ココロを愛で満たすには

「外に愛情」を求めるよりも

「内なる愛」に目覚めること。

ハートチャクラから発せられる

愛は

とても能動的な働きがあります。

能動的であるがゆえ

身軽に動き、柔軟性があり

お節介にもなりますが

それは愛によって

突き動かされているから。

一方、外に愛情を求める人は

消極的に、ただ待つのみ。

じっとして不満を募らせ

人を許せなくなるほど

ココロが固くなってしまいます。

周囲と良好な関係を育み

人生を好転させるには

内なる愛に目覚めること。

そのためには具体的に

どうすればよいのでしょうか?

それは、ご自身が

意識的、積極的に

新しい役割を演じることです。

たとえば、ボランティアをしたり

趣味のことをしてみたり

公園でゴミ拾いをしてみたり。

だれに言われて、従うのではなく

新しい役割を

自分に持たせることで

自発性が生まれます。

「役割に目覚める」と

いってもよいでしょう。

その役割に目覚めるとき

ハートチャクラが感応します。

だれかの指示で動いたわけでもなく

だれかに任命されたわけでもない。

自分がやらなくても

だれかがやってくれるかも

しれないけれど

気づいたのは自分。

その気づきが

ハートからのメッセージです。

自分で役割を創造し

なにかに打ち込むとき

あなたのハートは

愛で満たされていきます。

そして、その愛は、、、

ひとり占めすることなく

まわりに分かち合うほど

さらに注がれ、満たされる。

決して尽きることのない

内なる愛に目覚めるときがやってきます。

そうすれば

これまでのツライ出来事は

洗い流され

あなたの人生は再び輝きだします。

お金だけでは実現できない

真の豊かさ。

それは

内なる愛に目覚めることによって

育まれていきます。

紫音

************

あなたも内なる愛に目覚めてみませんか。


紫音先生のハートチャクラご祈祷

人生がうまく行かないのは
あなたの中にある潜在意識のブロック。

そのブロックを解除することにより

せき止められていた
内なるエネルギーが流れ

思うとおりに動きだします。

その潜在意識のブロックを解除するのが
紫音先生のご祈祷です。

願っているのに、なかなか叶わない。。。

という方は

紫音先生のご祈祷で
幸せを手にしてくださいね。


紫音先生のハートチャクラご祈祷

※〆切は本日夜19時です。

紫音先生のハートチャクラご祈祷

 
LINEで送る
メールで送る
URLをコピペしてシェアもできます。
プロフィール
紫音 先生

星のしずく メインセラピスト。「今日のメッセージ」主宰。「今日のメッセージ」Facebookページではヒーリング系でNO1の実績である24,174以上のいいね!を集め、ピリチュアル分野でトップレベルの人気ページとして注目される。毎月行う新月の無料ヒーリングでは毎回9,155人以上が参加。参加者から毎日のように数々のポジティブな変化の報告が寄せられる。

facebook instagram twitter