新月に願い事を書くことで、願いが叶う。
 
果たして新月にはそのような効果があるのでしょうか?
 
恋愛・結婚、仕事、健康、家族のことなど、あなたにも叶えたい願い事はたくさんあるでしょう。
 
多くの願い事は叶わないまま、いつまでも悩みながら生きている。
 
そんな人が大半です。
 
しかし、少数であったとしても、夢を叶え、自由に生きている人たちがいるのも事実です。
 
願いを叶えられない人はいません。
 
ただ、多くの人はその方法を知らないだけなのです。
 
新月は願い事を叶えるのに、すばらしい効果を発揮します。
 
新月の願い事で効果を出す3つ秘訣をお伝えします。

新月の願い事で効果を出す秘訣

ポイント1.「月のリズムを理解する」

自然界に昼と夜があるように、願い事が叶いやすいときとそうでないときがあります。

月のリズムは新月と満月を約1か月で1つのサイクルを完結させます。

新月に向かうときは、浄化=デトックスのとき。

つまり自分の内なる身体とココロを整えるときです。

一方、満月に向かうときは、行動のとき。

外に向けて積極的に働きかけるのにちょうどよいタイミングです。

この自然のリズムに一致させることで、あなたの願い事が叶うための準備がととのいます。

新月の願い事で効果を出す秘訣

ポイント2.「浄化をこころがける」

浄化とは、身体にたまった毒素や老廃物を輩出するデトックス。

それは身体だけでなく、ココロのデトックスでもあります。

怒りや悲しみ・不安・嫉妬といったネガティブな感情を手放すことで、新月のときの願い事が叶いやすくなります。

ネガティブな感情の浄化には、感謝の先取りが有効です。

感謝の先取りとは、よいことが起きる前から感謝すること。たとえば、あなたの会社に新入社員が入ってきたとしましょう。

新しい社員が成果を上げる前から上司や同僚が「うちの会社に来てくれてありがとう」と感謝していたらどうでしょうか?

なんとか感謝に応えたいと、やる気を出して頑張ろうとするでしょう。

逆に「あなたは本当に能力があるの?」と不信感をもっていたら、やる気を失ってもともと持っているチカラすら出てきません。

このように、感謝を先取りして、いまあなたが置かれている状況を天に感謝するなら、あなたにはよいことがやってきます。

よいことがあってから感謝するのではなく、良いことが起きる前から感謝する。

Like Attracts Like(類は友をよぶ)

これは、宇宙の法則です。

感謝する気持ちがネガティブな感情を解放し、ネガティブな現実を遠ざけ、感謝したくなる現実が引き寄せられるのです。

新月の願い事で効果を出す秘訣

ポイント3.「新月を信じるのではなく、活用する」

新月によいことが起きると受け身のまま信じていても、なにも変化はやってきません。

それどころか1つ1つのこまかなことに振り回され

「どのようにして願いを叶えるのか?」という視点が失われてしまいます。

どれが正しい・間違っている、どれを信じる・信じないではなく。

大切なことはご自身の幸せのために、新月を活用すること。

人生の主導権はあなたにあります。

まずはあなたがどのような人生を歩みたいのかを明確にしてみましょう。

そしてそれを叶えるために、新月を活用する、という主体的な意識で取り組む。

この姿勢が新月の願い事で効果を出す秘訣なのです。