「新月とアファメーション」を知れば、願い事を効果的に叶えることができます。
 
このトピックでは、アファメーションの意味や効果的な使い方、新月の関係など実例を交えて解説していきます。

「新月とアファメーション」の基本知識

はじめに言葉ありき。言霊(ことだま)というように、言葉にはそれ自体エネルギーがある。

古今東西の言い伝えのように、言葉には不思議なチカラ、霊力が宿っています。

嫌な言葉にはネガティブなエネルギーが、よい言葉にはよいエネルギーが引き寄せられます。

「△△したい」「△△を叶えたい」というお願いするような文章ではなかなか願いはかないません。

願い事がアファメーションの文章になっているとき、願いが叶いやすくなります。

アファメーションとは、言葉のチカラを最大限に活用する宣言文(祈願文)のこと。

古来の日本の神道では祝詞(のりと)がありますが、これもアファメーションの1つです。

決まりきった言葉もありますが、アファメーションという固定化された文章があるわけではありません。

アファメーションは、言葉のチカラを最大限に引き出し、あなたの願いを叶えるシンプルな文章作成術なのです。

アファメーションの作り方について

誰しも、願いが叶ったら幸せを感じるでしょう。

アファメーションは幸せの雰囲気を先取りするようなもの。

よい言葉が起きてから、幸せの感想をもらすのではアファメーションになりません。

よいことが起きる前から、願いが叶った後の理想のイメージに対して感謝の気持ちをもつこと。

これがアファメーションの極意です。

新月時に願い事をする際の、アファメーションには下記の3つのポイントをおさえておきましょう。

ポイント1.「理想のイメージを肯定的に表現する」

願いが叶うプロセス(過程)を限定してしまうと、願い事は叶いづらくなります。

山頂がゴールであるなら、そこに至る道は無数にあります。

プロセスにこだわるのではなく、まずはじめに願い事が叶った後の理想のイメージを持つようにしましょう。

そしてそれを否定的に表現するのはひかえ、肯定表現を使いましょう。

【アファメーション例文】

×「△△はしたくない」 ~
×「△△にはなりたくない」 ~

〇「△△をしています」 ~

脳は否定形を理解しようとしません。

イメージで理解します。

赤い車をイメージしないで。というと、頭のなかでは赤い車をイメージしてしまうでしょう。

(そうですよね?)

わたしたちの脳=潜在意識は、否定であれ肯定であれイメージしたものを引き寄せて叶えようとします。

肯定的なイメージを常に持っておくことがアファメーションを作るうえでも大切なポイントになるのです。

ポイント2.【みるみるよくなっています】「現在進行形で表現する」

願い事はあなたの『理想の未来』です。

その未来を現在に先取りして感じとるのがアファメーションです。

であれば、あなたの理想も現在形として表現しましょう。

【アファメーション例文】

×「将来〇〇したい(未来形)」 ~

〇「△△がみるみるよくなっています(現在進行形)」 ~
〇「△△がどんどんできるようになりました(現在完了形)」 ~

将来△△したい、という文章はキレイですが、いつまでも希望をもちつづけたまま。

その願い事が叶うことはありません。

あなたの周りにもそのような「いつか△△したい」と言いつづけて一向に叶える気配のない人はいませんか?

思い立ったが吉日。

ここではアファメーションの言葉のテクニックだけを説明しているのではありません。

実際に願い事のとおり、あなた自身も積極的に行動をしてください。

小さな一歩であってもよいのです。

言葉だけでなく行動も一致させると、言葉のチカラも活かせるようになります。

ポイント3.「五感をつかい、感謝を先取りしよう」

アファメーションで未来の雰囲気を先取りするには、五感をつかった表現を心がけると効果的です。

願い事は紙に書くだけでも効果があるのは、多少、視覚を使っているからなのです。

視覚を最大限に活用するには、「理想のイメージ(絵や写真)」を身近に置くことからはじめてください。

さらに「味覚(味わう)」「聴覚(音を楽しむ)」「 嗅覚(香りをかぐ)」「 触覚(肌触り) 」の五感を使って表現すると効果的です。

願い事が叶ったらどんな味わいや、音、香りがあるかをチェックしてみましょう。

先取りして、そうした感覚を今から感じるようにしてみてください。

【アファメーション例文】

×「気持ちのよい目覚めです」 ~

〇「朝のさわやかな風を感じながら、アロマティックなコーヒーの香りとともに目覚めます」 ~

もう1つは感謝の先取りです。願いが叶った後にあなたはきっと周りの人や天に感謝の気持ちが自然とあふれ出てくるでしょう。そのときの感覚と感謝の気持ちを素直に表現してみてください。

【アファメーション例文】

×「当然です」 ~

△「よかったです」 ~

〇「いつも幸福感に満ちています」 ~
〇「この上ない喜びを感じています」 ~

新月とアファメーションの関係

これまでアファメーションの書き方を解説してきました。

願い事をアファメーションの形式にすることで、願いが叶いやすくなる。これは事実です。

ただしこれだけではまだ不十分なのです。なぜか?

アファメーションはいわば願いを叶える強力なアクセルのようなもの。

ただし、多くの人はアクセルを踏みながらも、こころのブレーキをかけています。

こころのブレーキとは、潜在意識(ココロの奥底)にある怖れや不安といったネガティブな感情です。

たとえば、一歩踏み出す勇気がでなかったり、自分はそれを叶えるのにふさわしくないという思い込みから抜け出せなかったり。

あるいは、あともう少しで叶うというタイミングで、誰か別の人が成果を横取りされたり。。。

普段こうした感情に自分自身で気づくことはありません。

どちらかというと、気づきたくない、気づかれたくないというのが本音でしょう。

どれだけアクセルを踏んでいても、自分でも気づかないこころのブレーキ=潜在意識のネガティブな感情を解放しないかぎり、願いは叶いづらいのです。

新月は浄化のタイミングです。潜在意識のネガティブな感情を解放すること。

これが浄化です。

そう、アファメーション形式の願い事を新月時に書き出すことで、ブレーキをはずしアクセル全開であなたの願いを叶えることができるのです。

新月のタイミングであなたの願いを叶えやすくするために、紫音先生は無料でヒーリングをお届けしております。

ぜひ参加してあなたの願いを叶えてください。

■紫音先生の無料遠隔ヒーリングはこちら