目次(2018年12月新月)
12月の新月と星座
12月新月のボイドタイム
新月のメッセージ
いて座の得意分野
いて座の新月で起きる変化
12月新月時の季節とパワーフード(24節気)
願い事の書き方と例文
新月と無料遠隔ヒーリング

12月の新月と星座

新月には、願い事を叶える力があり、その新月が位置する星座によって得意な願い事の分野が異なります。

2018年12月の新月は

12月7日(金)16:20
いて座

の位置で起こります。

12月新月のボイドタイム

今、叶えたいお願い事があれば 12月の新月に願いをかけてみましょう。新月のお願いの方法ですが 「紙に書く」 これだけです。新月になってから願い事を書き出します。 基本は48時間以内。一番強力なのは、8時間以内です。

ただし、ボイドタイムを避けて書くことをオススメします。


12月新月のボイドタイム
12月8日(土)19:00 ~21:01

新月は、前日の12月7日(金)ですので、願い事は早めに書いておきましょう。

ボイドタイムとは・・・願い事が曖昧になる、月の働きが弱まる、と言われる時間帯。ボイドタイムに会議をしたり、考え事をして決めたことは結実しづらい、つまり叶いづらいと言われています。必ずしもダメ、というわけではありませんが 避けられるのであれば、その時間帯を避けて会議やお願い事を書きだすことをオススメします。
新月の願い事とボイドタイムについてコチラ >>

12月いて座、新月のメッセージ

紫音先生によると、いて座の新月は

理想に最短で到達する」星座です。

懸命に夢を追いかける姿は凛(リン)として美しい。

けれども、いつまでも夢を追いかけているわけにはいかない。

早くに理想の自分になれるのであれば、それに越したことはありません。

いて座は、理想に最短で到達する星座。

長期間、叶わなかった夢。諦めきれない夢を、短期集中で叶える。

そのようなミラクルを起こすパワーを持つのが、12月いて座の新月です。

いて座の得意分野

いて座を一言であらわすと

目標達成

それは
・短期決戦
・目標を絞る
・集中力

といったキーワードへとつながります。

※ キーワードは、この星座が得意とする分野で、これに沿ったものが叶いやすい傾向にあると言われています。
※キーワードは参考ですので、これら以外のことを願っても大丈夫です。

いて座の新月で起きる変化

12月7日(金)のいて座の新月では、このような変化が訪れます。

金運

一気に行動するとうまくいく

お金と豊かさを得るには、2つのアプローチがあります。1つは、コツコツと積み上げる豊かさ。もう1つはドーンと大きなことをやり遂げて、一気に豊かになる方法。いて座の新月は後者の、1つの大きな行動で、成果を出すのを得意としています。

コツコツと積み上げることも大切ですが、この時期は、大胆に大きな成果を求めて、一気に行動するとうまくいくでしょう。

恋愛

電撃的なスピードで深まる二人の絆

出会ってから正式な交際、そして結婚。その道のりはショートカットはできません。けれどもダラダラとお付き合いして10年経っても結論が出ず、別れてしまう。そのようなカップルもいます。他方、出会って1か月で電撃結婚というケースもあります。いて座の新月では、電撃的なスピードでふたりの関係が深まるタイミング。

あなたのほしい愛のカタチを相手にストレートに求めれば、ライバルが寄りつく間もなく、確かな関係へと導かれていきます。

人間関係

妙な気遣いは不要。ストレートに求めよう。

人付き合いで悩むのは
・会いたい人に会えないこと。
・会いたくない人に会わないといけないこと。
以上の2点。

会いたい人がいれば、遠回りせず、直接その人にコンタクトをとり、会う。会いたくない人とはそもそも、会わない。というのがシンプルな方法。

いて座の新月のタイミングでは、妙な気遣いは不要。あなたが望むものをストレートに相手に求めてみましょう。

もちろん、あなたも相手のためになにができるか。交換条件も必要です。まるで商取引のように感じるかもしれませんが、人間関係はお互いが得るものが明確であるほうが、うまくいくのです。

12月新月時の季節とパワーフード

天体にはリズムがあり、そのリズムを活用することで願いを叶えるエネルギーを取り入れることができます。その天体のリズムを活用した願いを叶える方法の1つが、今回の新月のときの願い事です。

それだけでなく、地球の、その土地に宿るエネルギーを活用すれば、願いを叶えるエネルギーはさらにパワーアップします。それは、今回の新月が起きるタイミングの季節を知ることからはじまります。では、12月7日の新月は、どのような季節なのでしょうか。

12月新月は「大雪」

12月7日(金)の新月は二十四節気の大雪(たいせつ)。本格的な冬が到来する季節です。山間部だけでなく、平野部も雪に覆われ、普段見慣れた景色もガラっと様変わりします。

年末に差しかかる時期ですので、正月に向けて、大掃除をしたり、2019年からの計画を立てるにはぴったりといえるでしょう。

12月新月のパワーフードは「大根」

そんな12月新月の季節からパワーを得るには、その季節の旬の食べ物を食べること。12月の前半の旬な食べ物=パワーフードは「大根」

おでんや粕汁など身体が温まるメニューに欠かせないのが大根。大根は煮ても、すりおろして食べても、胃腸をスッキリとさせる作用があります。年末年始の食べ過ぎる季節にはピッタリ。あなたの体調を整え、願いを叶えるチカラをあたえてくれます。

また根菜類は、グランディングといって、意識を大地に根付かせる働きがあります。年末年始の浮ついた気持ちを根付かせ、普段どおりテキパキと物事をこなすことができます。

願い事の書き方と例文

願い事を紙に書く理由

願い事は、ココロのなかで思うだけでは叶いません。ココロのなかのイメージは、次々と浮かんでは消えていく感情に流されて、定着しないのです。

願い事はココロのどこかで常に意識しておけば、自然とその意識を叶えようと動きだします。そのためにオススメなのが「紙に書く」という方法です。

紙に書いておけば、一時的に感情が乱され、異なる思いがやってきても、またその願い事に意識を戻すことができます。紙に書いた願い事は、毎日見る必要はありません。引きだしの中にしまっておき、月に1回程度眺めるだけでも、十分に願いを叶えるチカラを高めます。

願い事の数について

願い事は2個以上10個まで。手書きで書きましょう。手書きによって、しっかりとココロのなかに願いが叶った後のイメージが定着していきます。願い事の数が多いと意識のイメージが分散するため、願い事は少ないほどよいでしょう。

アファメーション

「わたしは。。。」からはじめて「現在進行形(○○しています)」もしくは「完了形(○○しました)」で書きましょう。文章の最後に、「嬉しい」「楽しい」など叶った後の素直な感情を入れると、感情と現実がつながり、願いが叶いやすくなります。

このように書かれた文章を「アファメーション」とよびます。 「〜しますように」という書き方ですと、お願いしている(叶っていない)状態を望んでいることになりますので、気をつけたいところですね。

願い事の例文、基本型

・わたしは、毎日豊かさを受けとり感謝しています。
・わたしは、あらゆる面でよくなっています。
・わたしは、今日も絶好調。最高の一日です。

新月と無料遠隔ヒーリング

「占いをいくつもやってみたけれど、願いが叶わない」
 
そういった経験はありませんか?
 
占いで願いは叶いません。願いを叶えるのは、あなた自身の意志。もっと言えば、潜在意識のチカラです。ですが、あなたの中に潜在意識に怖れ(ブロック)があるといくら叶う願いであっても、自らがブレーキをかけて叶わないようにしてしまいます。
 
願いを叶えるには、この潜在意識の怖れ(ブロック)を手放していくこと。この怖れを手放し、願いを叶えやすくするのが紫音先生の新月の無料遠隔ヒーリングです。無料で参加いただけますので、ぜひお気軽にお試しくださいね。
 


月に1度だけ
【新月時の限定告知】
紫音先生
新月の無料遠隔ヒーリング
 
【申し込み〆切】
12月7日(金)夜22時まで
↓↓↓