赤口(しゃっこう)

赤口は、大安や吉日などと同じ、六曜(ろくよう)の一種です。

六曜とは、日本で昔から知られている日の吉凶占いの一種で、現在でも結婚や葬式などのイベントには意識する人が多くいます。

今回は、六曜のひとつである赤口とはどんな日か、やってはいけないこと・問題ないことについて解説します。

赤口とは

赤口は「しゃっこう・しゃっく・じゃっこう」などと読み、六曜の中でも「何をしても支障が起こる凶日」と言われる日です。

赤口の日は特に結婚などの祝い事は避けるべきとされています。

また、「赤」が「火」や「血」を連想させるため、火事や刃物にも注意が必要な日とも言われています。

そのほかの六曜については、関連記事もぜひご覧ください。

赤口はなぜ何をしても支障が起こるとされているのか、その由来とどうしても行動したい場合におすすめの時間帯について、順番に見ていきましょう。

鬼神が司る凶の日

赤口の由来は、平安時代中期以後の陰陽道(おんようどう)で、「赤舌神」という神様の部下である鬼「羅刹(らせつ)」が支配する「赤舌日(しゃくぜつにち)」からきています。

赤舌神は、部下の六鬼神に、毎日持ち回りで太歳の西門を守護させていました。

赤舌日とは六鬼神の中にいた羅刹(らせつ)の当番に当たる日です。

この羅刹は極悪で人々を悩ませていたため、この日は万事に凶とみなされるようになりました。

お祝い事全般には向かない日

死や血のイメージがつきまとう赤口は、結婚式や入籍などのお祝い事全般には向かない日とされています。

また、火事や血などの連想が凶となる物事は避ける傾向にあります。

どうしてもしないといけないことは11~13時に行う

一節には仏滅よりも凶意が強いと言われる赤口ですが、昼間だけは鬼が昼寝をする時間だと言われているため、11~13時の2時間は行動しても問題ないとされています。

ただし、お祝い事など赤口を避けるべき物事はやらないようにするのが無難です。

赤口の日に避けるべきこと

NG

赤口は基本的に凶日ですが、特に避けるべきことをまとめました。

これらの行動は、可能な限り赤口を避けるほうがいいでしょう。

結婚式・入籍

結婚式は、赤口ではもっとも避けるべきお祝い事です。

諸事情により、どうしても結婚式を赤口の日に執り行うことになった場合でも、火事を連想させるキャンドルサービス、刃物を扱うウェディングケーキの演出は避ける、という人もいます。

結婚する新郎新婦は気にしなくても、両家の両親や年配の親戚の中には気にする人もいるので、赤口の結婚式は避けるほうが無難です。

入籍も、赤口は避けたいところです。

しかしその日の入籍にこだわりがある場合は、11~13時に入籍を済ませるように進めましょう。

引っ越し

引っ越しは、火事を連想させる赤口には避けたほうがいいと言われている行動です。

11~13時の間に引っ越しを済ませようとしても、昼間の2時間以内に引っ越しを済ませられるかは、作業上も不透明なのではないでしょうか。

できれば赤口以外の日の引っ越しを検討しましょう。

納車・不動産売買などの購入

血を連想させる赤口の日の納車は、基本的には避けるべきです。

不動産売買の場合も、イメージが火事と結びつきやすい赤口は避け、別の日にしたほうがいいでしょう。

お見舞い

病院は、血や刃物(メス)などのかかわりが深い施設です。

そのため、仏滅ほどではありませんが、できれば赤口のお見舞いは避けるほうがよいとされています。

どうしても赤口の日にしか都合のつかない場合は、11~13時の時間帯に、短時間顔を出す程度にとどめましょう。

お宮参りや七五三のようなお祝い事

お宮参りや七五三のようなお祝い事も、避けるべき行動です。

参加者の都合がどうしてもつかないという場合は、やはり11~13時に済ませるようにしましょう。

赤口の日にやっても問題ないこと

赤口の日にやっても問題ないことは、主に葬式・お通夜や仏事など宗教に関係する行事です。

また、宝くじの購入も、特に問題はないとされています。

赤口でそれぞれの行動を取るにはどう動けばよいかについて、順番に説明します。

葬式・お通夜

六曜は、仏教や神道などの宗教とは無関係なので、葬式やお通夜を赤口に行うことは問題ありません。
ただし、六曜の中でも友引の日は葬式やお通夜を避けるべきとされている点には要注意です。

法事などの仏事

法事などの仏事も葬式・お通夜と同様、赤口の日に執り行って問題のない行事です。
法事は、11~13時の間に済ませるように準備を進めましょう。

お参り

神社へのお参りに関しても、六曜と神道とは特に関係ないため、赤口に出かけても大丈夫です。
気になる場合は、吉の時間帯である11~13時に参拝するといいでしょう。

宝くじ購入

宝くじ購入は、赤口で避けるべきとされている事柄とは特に関係がないため、問題なく行えることです。
天赦日(てんしゃにち)や一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)など、ほかの吉日と赤口が被っている場合も、吉日に影響はないため、宝くじの購入に向いている日と言えます。
縁起を担ぎたい場合は11~13時に購入を済ませましょう。

赤口はお祝いに向かない要注意の日

赤口は、六曜の中のひとつで、鬼が支配する凶日として、特にお祝い事全般に向かない日です。

また「赤」という字が入っているため、火や血の出ることには要注意とも言われています。

11~13時だけは吉の時間帯なので、縁起を担ぎたいなら、やりたいことをこの時間帯に行うといいでしょう。

あるいは、他の日取りを検討することがおすすめです。

当サイトでは、大安や一粒万倍日、天赦日、寅の日など、縁起のいい日や開運日を確認できるカレンダーをご用意しています。

ぜひ、日取りを決めて何か行動する際にご活用いただき、幸運を引き寄せてください。

縁起のいい日・開運日カレンダー
 
LINEで送る
メールで送る
URLをコピペしてシェアもできます。
プロフィール
紫音 先生

星のしずく メインセラピスト。「今日のメッセージ」主宰。「今日のメッセージ」Facebookページではヒーリング系でNO1の実績である24,819以上のいいね!を集め、ピリチュアル分野でトップレベルの人気ページとして注目される。毎月行う新月の無料ヒーリングでは毎回9,155人以上が参加。参加者から毎日のように数々のポジティブな変化の報告が寄せられる。

facebook instagram twitter
プロフィール
お月さま

お月さまですよ~。 夜空を見上げると、いつもあなたを見守っている。あの「お月さま」です。 地球のみなさんの願い事を叶えてきたお月さまだから、お伝えできること。あなたの願いを叶えるヒントや季節のことばをつぶやいています。

line@
facebook instagram twitter