先負

先負とは、カレンダーでよくみる大安や仏滅と同じく「六曜(ろくよう)」のひとつです。
今回は、先負とはどのような日なのかを解説したあと、行動していい時間や行うとよいこと、行ってはいけないことを紹介します。

先負とは

先負は六曜のひとつで「せんぶ・さきまけ」と読みます。
「何事も急がず平穏に過ごす日」とされ、何事も急ぐと吉とされる先勝とは対照的な日です。

そのほかの六曜については、関連記事もぜひご覧ください。

先負の詳しい意味と行動におすすめの時間帯についても解説します。

何事も先に急がず平穏をたもちたい日

先負は、「先んずれば即ち負ける」という言葉が由来となっており、何事も先に急がず平穏をたもちたい日です。
「負」という字が入っていることから勝負事は避けたほうがいいとも言われて、基本的には行動せず平穏に過ごすのに適した日です。

行動する時間は午後からが吉

先負に行動する場合は、午後(正午)からが吉とされています。
なにか用事を済ませたい場合も、できればランチを済ませてから外出するようにすればちょうどいいでしょう。

先負の日に行うといいこと

先負に行動するといいことを紹介します。いずれも基本は午後以降に動くようにしてくださいね。

休養

いつも忙しく過ごしている人は、ぜひゆっくりと休養してください。
のんびり温泉に浸かったり、マッサージを受けに行ったり。
自分の癒やしになることを行って心身を休めることで、明日の活力に繋げましょう。

宝くじや財布の購入など縁起を担ぐ

大安や先勝は、宝くじや財布の購入に向いているので、売り場が混雑しがちです。
先負の日も午後からは運気が上昇するため、午後からのんびり出かけて宝くじや財布を購入しましょう。

結婚式

結婚式も、午後からの挙式なら運気が上昇しているタイミングなので大丈夫です。
大安や友引などの日が予約で埋まって確保できない場合は、先負の午後が空いていないか確認しましょう。

入籍

入籍も、先負の午後からならおすすめです。
結婚式のように、大安や友引は役所が混みあっている可能性がありますが、先負の午後ならスムーズに手続きが進むでしょう。

引っ越し

引っ越しも、先負の午後なら問題ない行動です。
引っ越しの予約は、運送業者の訪問時間がある程度決まっている午前中に人気が集まる傾向があります。
先負の午後なら予約が比較的取りやすいでしょう。

納車

納車も、午後からの時間を指定して受け取るようにしましょう。
納車は大安がベストですが、日程が合わない場合は、先勝の午前や先負の午後も候補にすると選択肢が広がります。

各種契約

契約は勝負事ではないので、先負に行っても大丈夫です。
先負に契約を行う場合は、運気の上がる午後からの時間を指定しましょう。

先負の日に行っても問題ないこと

お見舞いやお葬式など、先負に行っても問題ない行動を紹介します。
いずれも、基本のとおり、午後から行動するように時間を調整してくださいね。

お参り(お宮参りや七五三など)

神社へのお参りや、お宮参り・七五三などの行事は、先負の午後に行えば問題ありません。
ただし、神社へのお参りは午前中がよいとされるため、先負にお参りする場合は午後一番など早めの時間帯がおすすめです。

お見舞い

お見舞いも、先負の午後からなら大丈夫です。
面会時間は午後からを設定している病院も多いので、先負はお見舞いしやすい日とも言えます。

お葬式・お通夜

お葬式やお通夜も、先負に行っても問題ない行事です。
お通夜は通常夕方から夜にかけて行う行事なので、自然と先負のなかでも向いている時間帯に行えます。

六曜の順番でいうと、先負の次はお葬式に向いている仏滅なので、先負のお通夜から仏滅のお葬式、とちょうどよく進行できます。

願掛け

願掛けも、午後からなら問題ありません。
ただし、午前中の時間帯を指定しているおまじないとは相性が悪いので、そのおまじないは別の日に行うといいでしょう。

先負の日に行ってはいけないこと

先負で避けるべき行動は、勝負事に関係する行動や公事・急用です。
具体的にどのような行動が含まれるのかを解説します。

勝負事

先負には「負」という字が入っているため、勝負事全般を避けるべき日とされています。
白黒をはっきりさせたい場合や議論にはあまり向きません。
争いごとはできる限り避けましょう。

裁判などの訴訟事

争いごとには負ける、という意味では、裁判などの訴訟事も避けるべきです。
訴訟を起こす日、弁護士に相談する日など、可能であれば先負を避けるように日程を調整しましょう。

公事や急用

先負の日は、公事や急用にも向かない日とされています。
「急ぐこと」全般が凶なので、急用が入ってもできる限り日程調整をして、先負を避けるようにしましょう。

公事とは、政府・官庁などの公務や、訴訟およびその審理・裁判のことを表す言葉です。
一般的な人にとっては、裁判に関することは避ける、と解釈すればいいでしょう。

先負は平穏に過ごすのがおすすめの日

六曜のひとつ「先負」についてご紹介しました。
先負の日は、基本的に平穏をたもつ日として休養に割当て、急用が入っても慌てて行わないことが重要です。

勝負事や訴訟・裁判に関することはよくないとされるため、できる限りこの日には行わないようにしましょう。
その他の行動に関しては、基本的に運気の上がる午後から行えば問題ありません。

お願い事をするときも、先負なら午後から開始すると縁起がいいと言えます。
六曜の意味を知り、ぜひ生活にも生かしてくださいね。

 
LINEで送る
メールで送る
URLをコピペしてシェアもできます。