2022年10月、11月、12月 新月・満月

この記事では、2022年10月、11月、12月の新月・満月カレンダーに加えて、各月の新月・満月時の開運ポイントについて、運気別にまとめています。

また、新月・満月といった月の周期を活用して運気アップするための、おすすめのアクションについてもご紹介します。

2022年10~12月 新月・満月カレンダー

新月・満月 満月の名前
10月 🌕 10/10 05:55
おひつじ座 満月
 
🌑 10/25 19:49
さそり座 新月
ハンターズムーン
ハンターズムーン(Hunter’s Moon)
11月 🌕 11/08 20:03
おうし座 満月
皆既月食
 
🌑 11/24 07:58
いて座 新月
ビーバームーン
12月 🌕 12/08 13:09
ふたご座 満月
 
🌑 12/23 19:18
やぎ座 新月
コールドムーン
コールドムーン(Cold Moon)

2022年10月 満月 開運ポイント

お月さま(満月) 満月:10月10日 (月) 5:55
おひつじ座 おひつじ座おひつじ座
キーワード:スタート、再スタート

2022年10月10日(月)の満月は、おひつじ座の位置で起こります。

おひつじ座の満月に心がけるとよいポイントについて、運気別にご紹介します。

金運 金運 ~いまいる場所で豊かになる~

これまで慣れ親しんできた業界や分野に安住していては、チャンスの奪い合いに。
かといって、まったく知らない世界へ飛び込む必要もありません。

非連続の成長とは、かならずしも物理的な新天地を求めることではありません。
大切なことは、いまあなたのいる場所にとどまりつつも、異なる業界・分野にチャレンジすること。
いまある場所で豊かになりつつも、その豊かさをさらに広げていくイメージです。

単純に、新しい場所に移動するだけでは豊かになるのは難しいので、気をつけたいところですね。

 

恋愛運 恋愛 ~お相手を柔軟に受けとめる~

タイプではない人や年の差の恋愛など、これまでの自分であればアプローチしなかった恋の領域。

おひつじ座の満月では、こうしたいままでお付き合いのない人たちとの出会いによって、幸せがやってくることもあります。

年齢を重ねて大人になったからこそ、お相手を柔軟に受けとめられるようになっている。
そんな新たな自分の一面に驚くこともあるでしょう。

 

人間関係 人間関係 ~未知なる可能性にオープンに~

自分の尊敬する人や親しい人から聞いたことしか信じない。
そのような態度よりも、ふらっと立ち寄った場所で、見ず知らずの人から人生のヒントをもらう。
そんな未知なる可能性にオープンになってみましょう。

意外な場面で、あなたの夢を叶えるきっかけとなる出会いがやってくるのが、おひつじ座の満月です。

人は気づかないうちに自分の可能性を狭めてしまっているものです。
あなたはどんな願いも叶えることができます。
もし、願いがなかなか叶わないとすれば、それは自分自身で、自分の可能性を狭めているから。
どんな人も幸運のタネを持っています。その幸運のタネは、思いもよらない幸せと豊かさがもたらされます。

そのことを信頼して、満月にお願いをしてみましょう。そうすれば、あなたの理想のとびらは開かれます。

 

2022年10月 新月 開運ポイント

お月さま(新月) 新月:10月25日 (火) 19:49
さそり座 さそり座さそり座
キーワード:情熱、魂の充足感

2022年10月25日(火)の新月は、さそり座の位置で起こります。

さそり座の新月に心がけるとよいポイントについて、運気別にご紹介します。

金運 金運 ~理不尽なことをバネに~

組織に属していれば、理不尽なことは1つや2つあります。そんな理不尽なことがあっても、めげてはいけません。
それをバネに、どうやったら変えられるか?を考え、行動したことが実を結ぶのが、さそり座の新月。

あなたが味わったツライことはまわりの人には体験させないために、自分がまずは豊かになる。チカラを得る。
このようなモチベーションがあれば、どこまでもあなたは出世していきます。

 

恋愛運 恋愛 ~人生をかけたチャレンジが魅力をつくる~

趣味や仕事、どんなことでもよいので、人生をかけたチャレンジをしてみましょう。
そのチャレンジがあなたの人間性を高め、奥深い魅力をつくっていきます。

懸命に生きるからこそ、そんなあなたの人生を応援したい、と願う人生の伴侶がやってきます。
情熱を傾けるものがあれば、情熱的に愛される。
そんな愛がさそり座の新月をきっかけにはじまります。

 

人間関係 人間関係 ~苦楽をともに楽しむ仲間を求める~

大切な人だから、楽しいことだけを共有したい。その気持ち分かります。
でも、生涯つづく仲間をつくるには、そのような気遣いは不要です。
苦楽をともにするからこそ、絆は深まります。

「事前に緻密な計画を立てて、粗相のないおもてなし」よりも、おおまかな計画をもとに、気持ちよく一緒に飛び込んでいく。
そんな仲間を増やしていきましょう。そうした仲間があなたの真の豊かさ、財産となります。

 

2022年11月 満月 開運ポイント

お月さま(満月) 満月:11月8日 (火) 20:03
おうし座 おうし座おうし座
キーワード:生きる歓び、豊かな生活
芸術的センス

2022年11月8日(火)の満月は、おうし座の位置で起こります。

おうし座の満月に心がけるとよいポイントについて、運気別にご紹介します。

金運 金運 ~自分独自のスタイルをつくる~

効率よくお金を稼ぐことも大切ですが、効率だけでは楽しみが失われていきます。

仲間が集まり、お客さまに慕われるには、その仕事に、文化を感じさせるなにかがほしいところ。

同じ仕事をするにしても、あなた独自のスタイルで楽しむ気持ちがあれば、より高いステージで経済的な豊かさを実現していきます。

 

恋愛運 恋愛 ~焦らずに、余裕の恋を~

恋をすると、相手しか見えなくなる。せっかくの恋の楽しみもそれでは苦しみに変わります。

愛があれば、それだけでよい。というわけではなく、大人には愛を表現するさまざまな方法があります。

遊びゴコロをもって、さまざまな種類の楽しい体験をしてみる気持ち。

そんな気持ちがふたりの愛を深めていきます。

 

人間関係 人間関係 ~センスの合う人を大切にしよう~

センス=感性の合わない人とのお付き合いは、あなたの感性を狂わせてしまいます。
幸せを感じとる感覚も鈍くなり、運気を下げてしまいます。

センスの合うとは、言葉で説明できるものではありません。
一緒にいて楽しい人。一緒にいて落ち着く人。一緒にいて元気の出る人。
それがあなたとセンスの合う人です。

センスの合う人は時期によって変化することもあります。
いまのあなたにあった人はどんな人か?

センスの合う人を探すのも、人生の楽しみの1つです。
センスの合う人とのお付き合いによって、あなたの幸せの感性も高まり、幸運が舞い込みやすくなります。

 

2022年11月 新月 開運ポイント

お月さま(新月) 新月:11月24日 (木) 7:58
いて座 いて座いて座
キーワード:目標達成、短期決戦
集中力

2022年11月24日(木)の新月は、いて座の位置で起こります。

いて座の新月に心がけるとよいポイントについて、運気別にご紹介します。

金運 金運 ~一気に行動するとうまくいく~

お金と豊かさを得るには、2つのアプローチがあります。

1つは、コツコツと積み上げる豊かさ。
もう1つはドーンと大きなことをやり遂げて、一気に豊かになる方法。

いて座の満月は後者の、1つの大きな行動で、成果を出すのを得意としています。
コツコツと積み上げることも大切ですが、この時期は、大胆に大きな成果を求めて、一気に行動するとうまくいくでしょう。

ただし、一気に行動するにも、下準備が必要です。
「なにをするのか?あるいは、なにをしないのか?」
的(まと)を絞り込むことが運気アップのはじまりです。

 

恋愛運 恋愛 ~タイミングを引き寄せる~

出会ってから正式な交際、そして結婚。その道のりはショートカットはできません。

けれどもダラダラとお付き合いして10年経っても結論が出ず、別れてしまう。そのようなカップルもいます。

他方、出会って1か月で電撃結婚というケースもあります。いて座の満月では、電撃的なスピードでふたりの関係が深まるタイミング。

あなたのほしい愛のカタチを相手にストレートに求めれば、確かな関係へと導かれていきます。

 

人間関係 人間関係 ~妙な気遣いは不要。ストレートに求めよう~

人付き合いで悩むのは

  • 会いたい人に会えないこと。
  • 会いたくない人に会わないといけないこと。

以上の2点。

会いたい人がいれば、遠回りせず、直接その人にコンタクトをとり、会う。会いたくない人とはそもそも、会わない。というのがシンプルな方法。

いて座の新月のタイミングでは、妙な気遣いは不要。あなたが望むものをストレートに相手に求めてみましょう。

もちろん、あなたも相手のためになにができるか。交換条件も必要です。

まるで商取引のように感じるかもしれませんが、人間関係はお互いが得るものが明確であるほうが、うまくいくものです。

 

2022年12月 満月 開運ポイント

お月さま(満月) 満月:12月8日 (木) 13:09
ふたご座 ふたご座ふたご座
キーワード:楽しいおしゃべり
社交性、好奇心

2022年12月8日(木)の満月は、ふたご座の位置で起こります。

ふたご座の満月に心がけるとよいポイントについて、運気別にご紹介します。

金運 金運 ~人からの紹介が金運を高める~

仕事は人とのつながりがすべて。どれだけ能力があっても、まわりから認められなければ収入に結びつきません。

ふたご座の満月のタイミングでは、人からの紹介によって新たな仕事を得たり、収入を増やすきっかけとなる出会いがやってきます。

そのチャンスを逃さないためにも、人からのご縁を意識してみましょう。

 

恋愛運 恋愛 ~恋の応援団~

純粋で熱い想いを胸に秘めていても、言葉で伝えなければ、恋は前に進みません。

ふたご座が得意とするのは、人とのコミュニケーション。

意中の相手はもちろんのこと、あなたの恋を応援してくれる人との出会いもやってきます。
恋人候補だけでなく、あなたの恋を応援してくれるお友だちやまわりの人との交流を楽しむこと。

そうすれば、彼らはあなたの縁結びをサポートしてくれます。

 

人間関係 人間関係 ~ご縁づくりで人生を豊かに~

  • 断るのが苦手。
  • まわりの力を借りるのが下手。
  • 人間関係に苦労したり、うまく立ち回れず損することが多い。
  • 職場のギスギスとした人間関係に悩んでいる。

そんなあなたを応援してくれるのが、ふたご座の満月。
このタイミグでは、お互いを理解しようとする前向きな気持ちが起こり、尊重しあう関係へと導いてくれます。
これまでの堅苦しい雰囲気は解消され、日常の些細なことを一緒に楽しむことができます。

そこから親友といえる人が生まれたり、人生の転機となるご縁が広がったり。
人生が豊かになるきっかけをつくってくれるのが、12月のふたご座の満月です。

 

2022年12月 新月 開運ポイント

お月さま(新月) 新月:12月23日 (金) 19:18
やぎ座 やぎ座やぎ座
キーワード:自己管理能力、自立

2022年12月23日(金)の新月は、やぎ座の位置で起こります。

やぎ座の新月に心がけるとよいポイントについて、運気別にご紹介します。

金運 金運 ~早寝早起きの習慣を身につける~

お金と豊かさを得る基本は、まわりからの信頼。
信頼とは、やるべきことをコツコツと積み上げていく継続にあります。

継続とは習慣のこと。人に言われてするものは習慣ではなく命令。
みずからに課す義務=習慣があなたをさらに豊かにしていきます。

早寝早起きの習慣は、その代表的な例です。
起きる時間と寝る時間を決めて、そのとおり実践する。

その自己管理能力が信頼となり、豊かさへとつながっていきます。

 

恋愛運 恋愛 ~ひとりのときも楽しく過ごす~

好きな人と一緒に過ごす甘く楽しい時間。けれど、ひとりのときは寂しさと不安でいっぱいになる。
そのような方は、やぎ座の新月が手助けしてくれます。

ひとりのときも楽しい。ふたりならもっと楽しい。そんな自立心をあたえてくれるのが、やぎ座の新月。

甘えるときは甘え、ひとりでいる時間も大切にできる。
そんな成熟した大人になれば、ステキな恋愛へと導かれていきます。

 

人間関係 人間関係 ~ほどよい距離感でここちよく~

相手を変えようとしても、なかなか変わりません。
未熟な子どもが、相手に過度な期待をしたり、相手を変えようとしたりしますが、そのような努力は、たいてい徒労に終わります。

人付き合いのポイントは、相手を変えようとするよりも、ほどよい距離感を保つこと。それは家族や親友といった親しい人に対しても同じです。

成熟した大人は、相手に変わることを期待しません。ほどよい距離感を保てば、ここちよい関係をつづけられます。
相手や自分を大切にするからこその距離感。

そうした成熟した大人の関係を築くきっかけとなる満月です。

 

月の周期に合わせたアクションで運気アップ

満月

占星術の世界でも、満月や新月は特別視されており、満月や新月がホロスコープ上の星座の位置に入ることを「〇〇座の満月」「〇〇座の新月」と呼びます。

また満月や新月にもそれぞれに意味があり、月の周期に合わせて行動すると良いとされています。

ここでは、月の周期に合わせたおすすめアクションを解説します。

新月は「リセット」「スタート」をあらわす。新月には願い事をしよう

西洋占星術において新月が持つ特徴には「リセット」「新たなスタート」というものがあります。

新月は、月齢がゼロの日です。

この日からまた新たに月齢を刻み始めることから、ゼロに戻るという意味であらゆることがリセットされ、新たなスタートに最適な日であるとされています。

「リセット」「新たなスタート」という意味を持つ新月の日は、新たに願いをかける日に適しています。

毎月、新月の日には、あなたの願いが叶いやすくなるよう、紫音先生の無料遠隔ヒーリングを実施しています。

これまでにご参加いただいた方からは、喜びの声をたくさんいただいています。

無料でご参加いただけますので、ぜひ、お気軽にお試しください。

↓↓ 詳しくはコチラ ↓↓
次回の新月
○
ただいま944
1025日(火)19:49
さそり座の新月
ただいま新月の無料遠隔ヒーリング受付中
次回の新月の詳細はこちら
2022年10月新月メッセージ
 

そして、次回の新月の特徴や願い事の書き方、願いを叶える秘訣についてもご紹介しています。

↓ ↓ ↓
次回の新月
○
1025日(火)19:49
さそり座の新月
ただいま新月の無料遠隔ヒーリング受付中
次回の新月の詳細はこちら
2022年10月新月メッセージ

ぜひ、あなたの願いを叶えるためにご活用ください。

満月は「感謝」「達成」をあらわす。満月は願いを後押しするパワーも

満月は、月が完全に満ちた状態です。
このことから、満月には「達成」「実り」という意味があります。

満月の日には、まず、願いを叶えるために行動を起こした自分を褒めたり、達成できたこと・これまでに得た実りに感謝しましょう。

次に、新月にかけた願いを点検してみましょう。

叶わなかった願いは、その原因を探ってみてください。

願い事が大きすぎるなら、小さいことや一歩ずつ進むような願い事に切り替えてみましょう。
今までの行動・やり方で実を結ばなかったのなら、どうしたら叶うのか別の視点から探り、軌道修正することがおすすめです。

そして次の新月に願いをかける、というサイクルを作ると良いでしょう。

また、満月は、満ちた月のパワーで願い事の達成・成就をサポートしてくれるとも言われます。

毎月、満月の日には、紫音先生の満願成就のご祈祷を実施しています。

あなたの願い事を応援するためにご祈祷をして、お月さまのパワーを封入したパワーストーンをお分けしています。

ぜひ、満月からの応援のパワーを受け取って、願いを叶えてください。

↓↓ 詳しくはコチラ ↓↓
次回の満月
○
1010日(月)05:55
おひつじ座の満月
次回の満月の詳細はこちら
2022年10月満月メッセージ
 

そして、次回の満月の特徴や、願いを叶える秘訣についてもご紹介しています。

↓ ↓ ↓
次回の満月
○
1010日(月)05:55
おひつじ座の満月
次回の満願成就は10月3日(月)前後に受付します
次回の満月の詳細はこちら
2022年10月満月メッセージ

新月の無料遠隔ヒーリングと合わせて、ぜひ、あなたの願いを叶えるためにご活用ください。

新月に願いをかけ、満月に感謝し点検するサイクルを作る

占星術では、それぞれ月に1度だけやってくる「新月」「満月」が非常に重要な意味を持っています。

新月・満月ともに、太陽と月と地球が一直線に重なる日。

そのため月の力が増大し、願いを叶えるために、強力に後押ししてくれると解釈されています。

新月の持つ「新しい始まり」という意味と、満月の持つ「感謝」「実り」という意味に合わせて、行動してみましょう。

新月に願いをかけ、満月に感謝を捧げて願いを点検する、というサイクルを作ることがおすすめです。

そうすることで、月から降り注ぐ力をしっかり受け取ることでき、願いの実現力がアップします。

月の周期に合わせて行動することで、月のパワーを活用して、願いをたくさん叶えていってください。

 
LINEで送る
メールで送る
URLをコピペしてシェアもできます。