金運上昇のための新月と満月の時の願いの仕方

誰もが自分の金運をできればもっと上げたいと思っているでしょう。

そのためにお財布を綺麗にしたり風水を学んだり、水回りを綺麗にしてみたり。

それらもいいのですが、もっと効果的な金運上昇方法があります。

ここではその方法を解説していきます。

目次
人が月に及ぼす影響
金運をアップさせよう
人は月と共にある

人が月に及ぼす影響

月が実は人間の心と体にいろんな影響を与えています。

例えば満月の時は積極的になったりなど。

そのように、月というのは生活に密着しているのですね。

そしてその影響は、当然金運にも関わってきます。

月の満ち欠けと運勢

月は約29日周期で新月から満月までの満ち欠けを一周します。

その周期、期間は運勢の動きとリンクしているのです。

でも満月だからいいとか、新月の時はイマイチだみたいな話ではありません。

満月と新月の時それぞれに運気上昇のための願いの仕方があります。

お金の運も月次第?

金運はこの月の波動の影響をとても受けるようになっています。
 
お金も波動を持っており、月と密接に関係していています。
例えば新月の時はお金を使う方が運がよくなる傾向にあります。

新月は物事の始まりなので、お金で新しいことをするとシンクロできるのです。

このように金運も月にとても左右されていきます。

金運をアップさせよう

月と金運の関係はわかったと思います。

じゃあ実際に金運を良くするためにはどうしたらいいでしょう。

それは月に願いを届けること。

新月と満月それぞれに合った行動で願いを届け、同調することで金運が上がります。

新月の時の金運アップ

新月の時の金運アップの行動は、ずばりお金を使うことです。

使うといってもそれは浪費とかじゃなく、投資ですね。

新月は新しいことの始まりなので、その時に投資して種を植えましょう。

満月の時の金運アップ

満月の時は収穫です。新月の時に植えた種の実る時。

でもこの時期の正しい行動は、節制です。

つまり貯蓄を意識しておくことでさらに良い運の循環を起こして続けることができます。

人は月と共にある

新月のときは投資して、満月の時は貯蓄を意識することで、金運に関する願いは叶っていくでしょう。

われわれ人間の営みは常に月と共にありました。

肉体も、精神も、そして運勢もまた月と密接に関係していたのですね。

ぜひ今回の記事を参考にして、月の影響を知り金運を上昇させていってください。

 
LINEで送る
メールで送る
URLをコピペしてシェアもできます。